今日は、斎藤一人さんがおすすめしている、
日頃から「ついてる」とくちぐせにすると
ついてる事が起きてくる。
という話について書こうと思います。

さて書いてきます。

最近の斎藤さんの本には、
「ついてる」という話を
あまり目にしなくなったのですが
初めの頃は、「ついてる」を毎日100回、
いや、1000回続けてごらん。
という話をよく本で見かけました。

言ってると、本当についてる事が起きてくる。

と言われてたのですが、
でも、私自身、当時やってみて、
あまり実感がありませんでした。

しかし、後から考えてみると、
あの「ついてる」を何度も言う。
という事は、確かに効果があったようです。

というのも、
自分の願望が達成されるのには時間差がある。
という話を当時忘れていました。

なんでもそうですが、
今、健康になりたい!とかお金持ちになりたい!
と思ったとしても、(実際に行動していても)

今日、明日、すぐに
慢性病で苦しんでいる人が健康になったり、
貯金も無い人が、億万長者になれる事は
ほぼ、無いでしょう。

「ついてる」にしてもそうです。

1、2週間やったぐらいで、
即、ついてる事が起きる人もいますが、
今までずっと、(何十年も)
「ついてない生き方」をしてた人が
1、2週間どころか、一ヶ月やっても、
ついてる事が起きてくる事自体難しいはずです。

ただ、私は後から気がついたのですが、
振り返ってみれば、それでも、運がいい事
「ついてる」事は起きてたようです。

でも、そのついてる事が、
運が悪い生き方をしている人は気づけない。

(私の場合、
 運の善し悪しは、その人が気づけるかどうか?
 が、とても重要なことが後からわかりました)

だから、「ついてる」を毎日100回、1000回言うといい。

という話よりも、(したい人はするべきですが)

最初のとっかかりとしては、
これをする事はとてもいいのですが、
ある程度やったら、(やってなくても)
運が良い人と友達になって、観察して、
真似をしたり、運が良い心構えに持って行ったり、
言葉使いを運がいい言葉使いにした方が、
結果的に、運がいい人になるようです。

もちろん、思い出した時に、
「ついてる」を100回でも言っていいと思います。

斎藤さんも言っていましたが、
本当に運が悪い人、辛い人生を歩んでる人は、
「ついてる」とか「運が良い」という言葉さえ
くちにするのも難しい人がいる様です。

私もそういう時期がありました。

だから、
今の辛い人生をなんとかする
とっかかりとして、「ついてる」を
毎日100回、いや、10回から始めてもいいので、
言葉にしていくと、少しずつ、少しずつ、
人生に変化が出てくると思います。


この記事の内容が良いと思われましたら、
下のランキングボタンを押してもらえるとうれしいです。



スポンサーリンク


スポンサーリンク