今更特別に話す事ではないかもしれませんが

結構「思いやり」は大切なことです。

普通すぎてあまり考える事が無い
とは思うのですが、この人を思いやる行為は、
人の生き方としてとても重要な行為の一つだと思うのです。

では「思いやり」とはなんなのでしょう。

ちょっと調べてみると、
相手を察する気持ち、相手の感情に配慮した心配り。
同情とも同意語のようです。

ただ、私の中での思いやりとは、相手の幸せを願う気持ち。や
今相手が辛い状況なら、なんとかよくなる様に想う気持ち。
だと考えています。

そして、こういう「思いやり」から出て来た行動は
世の中を幸せにしていくと私は考えていますが、
(いきなり質問ですが)

みなさんは、この「思いやり」から行動を起こしていますか?

それとも、損得勘定で行動を起こしていますか?

幸せな生き方をする多くの人は上のタイプで、
不幸で不平不満の毎日を生きる人は
結構下のタイプが多いのではないでしょうか。

この「思いやり」からの行動は、損得勘定は関係ありません。

しかし、世の中は損得勘定で回っています。

恋愛関係ですら、
あなたが何かをしてくれたら、
わたしも何かしてあげなくもないわよ。
という、損得勘定が働きます。

そして、この恋愛の状態のまま結婚してしまい、
しかも子供が出来てしまうと・・・

損得勘定では割り切れない部分が出てきて
お互いに我慢できなくなり、結局別れてしまう。
なんて事も普通にある事です。

これだけを見たら、ここには「思いやり」が感じられない
と私は思いますが、みなさんはどう思いますか?

最後に、
世の中は損得勘定=お金(資本主義)で回っていますが
人生、人の生き方は、「思いやり」が基本になっていると
わたしは思っています。

ただ、今の時代は、思いやりだけでは、
まだ、生きていけないかもしれません。

要はバランスが重要だと思います。
(ケースバイケースです)

みなさんも少しでいいので
「思いやり」について考えてみてはどうでしょう。

この記事の内容が良いと思われましたら、
下のランキングボタンを押してもらえるとうれしいです。



スポンサーリンク


スポンサーリンク