さて、タイトルのとおり

  「行動できる人」

になる事をおすすめしたいと思ったのですが
何故ひとつの記事にまとめようと思ったのか?と申しますと

将来、つまらない人間(老人)になって欲しくない。

という理由で文章として
頭にあるものを出してみようと思い今回書いた次第です。

さて、話変わって、
本田健さんの本を読んでると時々出てくる話題なのですが

本田さんは若い頃に、外国の老人ホームの様なところへ
ボランティアに行ってたことがあります。
そこで話を聞いたり(インタビューをしていた)時期があり、
年をとっても元気イッパイで人気者な人の話を聞いてくと

「いろんな失敗を経験してきた人」

であったり、若い頃なんでもチャレンジしてたりと、
とても行動力があった人だったらしいのです。

まあ、人は長く生きていれば、
老人と呼ばれるような年に絶対になります。

そうなれば正直、二十歳ぐらい、
いや30歳や4、50歳あたりの人と比べても
絶対的に体力は衰えてくるはずです。

(ただ、私自身はまだ老人と言われる年ではありませんが、
 長期間病気をしてきたおかげで、
 体力が無くなり&体が動かなくなり、
 今まで出来てきた事が全く出来なくなる事の辛さを
 嫌になるほど経験したおかげで、
 それがどれほど辛い事なのかを知っています)

そして、老人になるともう、新しい事に挑戦する。
「チャレンジする」という事自体、体がついてこないのでやらなくなる。
又は、やれなくなってくる人が多くなってくると私は思ってます。

しかし老人になったから「体が動かなくなったから」と言って
今生きてる自分の人生が「即」終わる。という事もなく
体が動かないなりにも、生活していかなければいけません。

ここで本田さんの話に戻るのですが、
老人の中にも、人気者もいれば、そうでない人がいます。

上にも書いたとおり、老人になれば
新しい事にチャレンジする事自体が
とてもハードルが高い事になってしまいます。

という事は、前回の面白い人と面白く無い人の違いで書いた話で
面白い人は、自分の失敗談&話題が豊富だというのがあるのですが
その話のネタ(人生の失敗談)を「新しく」仕入れることが
老人になると難しくなってくるのです。

例えば、私の場合をここに書いていくと、
病気で動けなかった時期でも、話のネタは沢山ありました。

学生の頃のネタでは、恋愛ネタとかありますが
告白成功率100%失敗の話とか、赤の他人には話せませんが
身内ネタとしては酒の肴になるモノも結構あります。

社会人での恋愛ネタでは、
ここに書けないドロドロしたものもあり
不倫のお誘いや、逆恨みの話、
とんでもない人からモテた話とか
書けないモノばかりですがストックはあります。

他には二十歳ぐらいのバイトネタとか、ここにも一部書いたのですが
外側の人から見れば(当時は修羅場の出来事でも)
笑いのネタになったりします。

ただし、これらは全部、自分が失敗してきた事ばかりです。
(しかも、世界中を探しても私一人しか経験してない話です)

そして、私自身まだ人生の半分も生きていませんが、

かなりいろんな失敗をしてきました。

さらに、恥ずかしい思いなんてことも、星の数ほどしてきたのです。

(夜、布団の中に入って、暗闇のなかでその日の失敗をふと思いだし
「恥ずかしさで悶え苦しむ日々」を何度も繰り返してきました)

でも逆に、私が何も失敗してこなかった人だと、
こういう話は書けなかったと思ってます。

だから、つまらない大人、いや、老人になりたくないなら

失敗や恥ずかしさを恐れずに

    「行動できる人」

になる事を、私はおすすめしたいのです。



スポンサーリンク