この頃、精神世界(スピリチュアル系)の本を
個人的に読んでるとサイトに書いたのですが

流石にこういう本にばかりどっぷりはまって、
実世界(生活)をおろそかにするのは
問題外とは思います。

ただ、やはり、少しは知識として
頭には入れておいたほうがいいなぁ。
と思う事が、本を読んでて時々出てきました。

人というのは、目に見えるものは信じ易いのですが
目に見えないものについては、信じない傾向があります。

また、科学的に証明されなければ
わたしは信じない。という人も少なからずいる様です。

もちろん、それが悪い。

という訳でもないのですが

どうも、現実に目に見えてる事しか信じない人は
得てして、視野が狭い感じがします。

(この視野が狭い。というのは
 短絡的と言い換えてもいいまもしれません)

これは100%良くないことだ。とは思わないのですが
物事の一面だけを見て、それが絶対に正しいと思い
それを他人にまで強要したりする傾向があることが
個人的には少し問題かな?と思うのです。

例えば、「愛情」というものは目に見えません。

でも、誰に聞いても、「愛情」や「愛」は存在しない。

と答える人はいません。

「心」についても同じことで、

これも目に見えませんが、人に「心」が無い。

と答える人も、やっぱりいません。

どちらも、目には見えないのですが、

生きる上ではとても重要なものです。

これらを「目に見えないものは信じない人」は、

ないがしろにし易いようです。

(軽んじる傾向があるようです)


ここからは個人的な話になるのですが、

結局、物事の一面しか見ない人や、

目に見えてる事でしか判断できない人というのは

「片手落ち」だと思うのです。

言い換えると、

物事の本質が見えてない。(物事の全容が見えてない)

と言っていいかもしれません。

(私自身もここの所は人に言える程わかってる訳でもないのですが)

物事には、表の面もあれば、裏の面もあります。

この世の中で言うならば、

私たちが日常生活している状態を表にするなら、

精神世界や人の内面などは裏の面にあたります。

そして、世の中にはいろんな難しい問題が存在しますが、

表面上の上辺だけを見て対処しているから、

ずっといつまで経っても解決できないことが沢山あります。

例えば、日本の事で言えば、

政治の問題などは、表に出てる事は氷山の一角です。

もし、今の政治家がやってる事が表に出てバレれば

国民は激怒して家を囲むぐらいの事はありそうですが

テレビや新聞などからは一切情報が出ないようになっているので

目に見えることだけが真実だと思ってる人には絶対にわかりません。

また、身近なところで言うと、人間関係の問題にも表と裏があります。

人は生きてれば、何かしら人間関係でごたごたがあるものですが

表の顔、外面だけを信じて対応してると、

結局、痛い目に会うのは皆さんもご存知のとおりです。

そして、人間関係においても、人の内面、精神面や魂などの裏の面を

しっかり見て判断&対応しないと、解決出来ない問題も結構ある様です。

もちろん、偏りすぎるのは、あまりよくありませんが、

ある程度は、精神世界(スピリチュアル系)の話も

これからの世の中を生きていくなら、知っておいた方が良いようです。

身近なところでいうと、

ご先祖様を大切にする事やお墓参りをすること等です。

もう少しすればお盆が来ますが、

日本人でお盆を知らない人は皆無だと思うので

まずはそこから、いろいろ知っていくといいかもしれませんね。

そこからいろいろ知っていくと霊障とかの意味も少しわかってくると思うので

全く何も知らない人と比べてみたら

格段に精神面や魂の問題に関して対処がしやすくなると思います。


さて、ここで何がいいたいのか?というと

個人的に、見えないものが全く信じれなくても、

多少は見えない世界の話(精神世界の話)を知識として知っておかないと

これからの世の中は生きにくい場面が出てきますよ。

という話です。

このサイトでは、なるべく精神世界の深い話や

難しい話などは書かないで行こうと思っているので

興味がある方は、個人的に勉強してみる事をおすすめしたいです。


この記事の内容が良いと思われましたら、
下のランキングボタンを押してもらえるとうれしいです。



スポンサーリンク


スポンサーリンク