最近よく思うことなのですが、
お金を稼ぐことは、人生勉強にとても役に立つなぁ。
とあらためて感じる事が多くなりました。

というのも、いろんな所で
お金に苦労している人をよく見かける様になったからです。
(これはお金持ちであっても、そうでなくても関係ないようです)

さて、私がお金に関して参考にしている人というのが本田健さんです。

そしてこの本田健さんの本を読んでいると時々出てくる話に、
お金を使う時に、その人の性格や感情、
考え方がそのまま出てくる事がある。
というお話を読んだことがあります。

実際に私自身過去に、サービス業(接客業)に何年も居たので
いろんなお客さんと接してきた経験があるのですが
当時は、人がお金を使う時の態度というのを、
いろんなパターンで身をもって経験する事が出来ました。

今から思うと確かに、お金を使う時に、
その人の性格がよく出ていました。

そこで私が思ったのが、お金を使う時の態度一つで
その人の今後の人生でお金持ちになるかどうかが
わかるような気がしたのです。

さて、本題のお金持ちになりたい人があまりやらない方がいい事は・・・

(ここから真面目に書いて行こうと思います)

スポンサーリンク


さて、本題のお金持ちになりたい人があまりやらない方がいい事は

それは、お金持ちに嫉妬することです。

プラス、お金持ちを嫌ったりお金を雑に扱うことです。

これはちょっと考えるとわかると思います。

実際、お金持ちになりたい人は、
毎日必死になって人の10倍ぐらい働きつづければ
いつかはお金持ちになれるでしょう。

しかし、お金持ちになる前に、
お金持ちに嫉妬してしまっていると
自分の潜在意識の中に、お金持ちは嫌な奴だ。
という情報が刻み込まれてしまいます。

もちろん、お金持ちを嫌う事もこれと一緒の事なのですが
実際にそう思ってしまうと、将来自分がお金持ちになるという願望に対して
お金持ちは嫌な奴、そんな嫌な奴に自分がなりたいのか?
と自分自身にケチをつけてしまうことになるのです。

更に、お金を雑に扱っていると、
(お金を汚いもの汚れたものだと思っても一緒)
そんなものを、ワザワザ必死になって集めようとは
(貯め込もうとは)だんだん考えなくなって来ると思います。

例えば、

口には出さなくても
お金は汚いものとか汚らわしいものだ。

と考えて、お金を扱っている人は、
いくらお金が欲しいとは口では言ってても、
心の奥の意識してない部分で
必ず

「こんな(汚い)ものはいらない」

と思うようになってしまうのです。

ただ、この世の中の現実として現れてくるのは、

この

「意識してない心の奥底にある自分が本当に信じていること」

なので、こんな事をいつも思ってると、本当に現実化してしまうのです。

実際口では、お金が欲しい。心ではお金は汚い。と言い続けてると

いつかはどうでも良くなって、
心の中で、(意識してない部分で)
「もうお金はいらない」
と結論が出てしまうかもしれません。

そうなると現実でも、いくら働いても収入が増えず
例え一時的にお金が手に入っても、急な出費や浪費等で
自分のところからお金が出ていく場面に
遭遇する事が多くなるかもしれませんね。

ただ一般的には、
ここまでハッキリとは
思ってない人がホトンドです。

普通はテレビに出てくるお金持ちを羨ましがったり
嫉妬したりして、終わる事が多いのですが、

例えば、政治家などの汚職や詐欺のニュースを見て、
お金を汚く稼ぐ人を批判する人は
もしかしたらお金は汚いものだと
潜在意識に植え付けてるかもしれませんね。

ただ、意識しないで嫉妬してたり
無意識にお金を毛嫌いしてる事も結構あるので
日頃お金に対して思ってる事や感情は
かなり注意が必要だと私は思っています。

みなさんはお金に対してどんな感情をもっていますか?