このサイトにもいじめについては、
何度も書いてきたのですが、
私自身は、まだ子供を持ってないので、
今すぐに

「自分のこどもが受けてるいじめの対処法」

というのは使う必要はありません。

しかし、もし、自分の子供が
いじめを受けてたらどう対処するか?は知ってます。

自分自身が経験してきた事をもとに考えると、

単純に、その子が強くなればいい。

弱いからいじめを受けるのであって、
弱いから、更に、自分より弱いものをいじめるんです。

すごく単純です。

私自身、柔道をやったり
空手や少林寺拳法をやって強くなりました。

これで、高校の頃からいじめをしてくる人は皆無になり、
今でも、なめられたらいつでもヤル心構えでいます。

(年上だろうが年下だろうが、
 いつでも、やられたらヤるつもりの心構えです)

いじめられてる人や、人からなめられてる人は
これぐらいの心構えで丁度いいのです。

ただやはり、自分が強くならないとやっぱりダメですね。
口先だけでは、現実にはどうにもならない事が多いのです。

でも、まだ小学生ぐらいの小さい子は、
体格的にも、そう簡単な話にいきません。

だから、親が守ってあげないといけない。

親自身が、いじめについて、
ちゃんとした知識をもっていないといけない。

ただ、一番問題なのが

その知識を、ほとんどの親が持ってない。

ということなのです。

いじめを受けてるのは、ちゃんと見てたらわかります。

ただ、そこから対処法を知らない。

殴られたなら、警察に被害届を出せばいい。

お金を取られたら、恐喝されたと警察にいけばいい。

大人なら、
他人の後をついていっただけで、
ストーカーの疑いをかけられるんですよ?

会社でちょっと怒っただけで、
パワーハラスメントなんて言われる。

場を和ませようと下ネタ言っただけで、
セクハラって言われる人はどうすればいいんだ!
って、おやじギャクが大好きな人が
訴えられる世の中なのに
子供達のいじめは手付かずなのです。

大人の世界では、殴られれば傷害罪。

お金を取られれば、恐喝です。

これをそのまま、自分の子供に適用するだけで、
「いじめが無くなる」なら、例え面倒くさがろうが、
「やるべきだ」と、私は思うのですが、
みなさんはどう思いますか?

(9:12から斎藤さんが話されてます↓)




この記事の内容が良いと思われましたら、
下のランキングボタンを押してもらえるとうれしいです。



スポンサーリンク


スポンサーリンク