久しぶりに、
自分の過去をいろいろ思い出して
記事を書いてきたからか、
子供の頃のことを、
ちょっとずつ思い出しました。

まず最初に、
いつも思い出すのが、

よく告白してふられたもんだ。

という残念な思い出です。

当時、好きだった子、全員に告白して
100%ふられてきた思い出なので、
悔いが全くない楽しい思い出になってしまい
何度思い出しても、笑えるだけなのですが、

これ以外にも、自分は子供の頃から、
いろいろ(普通はやらない)
馬鹿な事ばかりやってきました。

だから、周りの同級生や
年下の人にはいい迷惑だった事でしょう。

その分、集団いじめという形で仕返しされたのかもしれませんね。

(でも集団いじめは本気で心底辛いんですよね)

そして、小さい頃の自分は、
自分の内にある感情をどう表現していいのか
分からない事がときどきありました。

例えば過去、近所のある人(大人)に
子供だからわからないだろうと思ってか
面と向かって、馬鹿にされた事があったのですが、
これが、馬鹿にされた事が分かっても、
自分が子供だからか、腹が立つとかイライラするとか
そういう感情表現がうまく出せなかったのです。

小さい子供というのは、まだあまり、
感情と言葉が結びつかない時があるのかもしません。

そういう場合は、心に引っかかりを持ったまま
(ブロックを作ったまま)大人になってトラウマとして
出てきてしまう事もあるようです。

上の出来事を今から思うと、

当時、自分の子供が何人もいる大人ですら
何も言わないだろうと思ってる弱そうな他人の子供に対して
意地悪なことを言う=「いじめ」をする事があるのか。

と今、自分自身が大人になってから

「この世の中、年をとっても
 中身は子供のままな人間が
 現実に存在するのだな」

と、ふと考えてしまいました。

多分、当時のその人の子供にも
理不尽な怒り方をしてたんじゃないかと想像できます。

自分の気分で自分の子供を
「何も悪い事をしてないのに難癖つけて
 叱り飛ばすという人がいます」が、
あれを毎日、子供が受けてしまうと、(根のやさしい子ほど)
臆病になったり情緒不安定になったりして
「親がしてる様にその子供も」
自分より弱い人を家の外でいじめる様になるでしょう。

こういう中身が子供のままの親の下で
生きていかないといけない子供達は本当に可哀想です。

でも、そういう親に限って、

楽しそうに生きているから不思議なんですよ。

そして実際、本人は、
日頃から弱いものいじめをしてるので、
スッキリしているからストレスなんてたまりません。

これが本当に。

だから、どんなに他人に恨まれようと

元気で長生きまでしちゃうんです。

(会社でもそう言う人を実際に見てきました)

でも、今なら、
こういう人が、この世に存在する意味が
ハッキリわかるので逆に感謝しています。

(まあ、その人の来世は、
 やった事がそのまま自分に帰ってくるだろうから
 そうとう辛い人生になりそうですが、
 まあ、自業自得ってもんです)

ただ、その人のお陰で、
私は大いに人生の勉強をさせてもらったので
当時はともかく、大人になって理解できてしまうと、
人というのは感謝しか出てこないように出来てるようです。

と、何の話だったかな?

そうでした。

子供って、自分の感じてる事や思ってる事が
うまく言葉に出来ない子も中にはいます。

世の中に外交的な子供だけしかいないなら
はなしは簡単なのですが
内向的な子、人見知りする子とかは、
うまく言葉に出せない子が多いので
前の話と合わせて、ちょっと気をつけたいところです。


この記事の内容が良いと思われましたら、
下のランキングボタンを押してもらえるとうれしいです。



スポンサーリンク


スポンサーリンク