そういえば自分が嫌いな人って多いですよね。

そして、そういう人を見てると、
やっぱりというか、なんというか、
必ずと言っていいほど、
ネガティブな言葉ばかり使っている気がします。

例えば、不平不満や愚痴、恨み言や嫉妬、
人の悪口、陰口も意識しないで
自然と言ってる感じがします。
(無意識でやってるのが厄介です)

でも、そう言う人は、
自分がそれを他人にやっても自分を許してるのに、
他人にそれをやられたら、何故か腹を立ててます。

その人が相手に、悪口や陰口を言うという事は
自分も相手に、悪口や陰口を言ってもいいよと
言ってるようなもんです。

自分がやっといて、相手にはやられたくない。

というのは、ちょっと自分の都合が良すぎる気もします。

ただ、自分のやってる行動は
自分自身もハッキリ自覚しているようで、
最後は、自分が大嫌いだ。という話になるみたいです。

なんだこれ?

と見てると思いますが、
本当にこんな感じの人を、
たまに見かけることがあります。

でも、こういう性格って、
他人が指摘したからって

はいそうですか。

と、即、素直に直せる部類のものではないから
本当に厄介なんですよね。

でも、今すぐ改善する事は難しくても
本気で、自分嫌いを改善したいのなら

「自分の機嫌は自分でとる」

という事を、おすすめしたいです。

また、言葉遣いについても、
良い言葉(肯定的な言葉や感謝など)を
使うように心がけていくと、ちょっとづつですが
自分が好きになっていくはずです。が、しかし、

普段から陰口を言ってる人が感謝の言葉を使うなんて
どうしても偽善だと思えて仕方がないでしょう。

わかります。

私自身も一時期悪口を言ってる時期があったので、
こういうサイトの記事を読んでると、
どうしても、偽善に思えて仕方がありませんでした。

だから、この文章を読んで、
理想だとか偽善だとか思ってしまう人は、
今は読む時期ではありません。
(某掲示板の方が面白いと思いますよ)

ただ、あまり抵抗感が無く読める人は、
やれるところだけでもいいので、やってみてください。

もうひとつ、自分を改善する方法としては、
目の前の人を心の中で祝福する。
という方法があります。

会う人会う人、ひとりひとりに、
相手が幸せになるように心の中で願っていると、
自分の中にある感情に何か変化が出てきます。

具体的には、心の中で目の前の人に

「この人が幸せになりますように」

と思う。これだけでいいです。

もちろん、
ジョセフマーフィーさんや一人さんがおすすめしていた

「この人に、世の中のあらゆる良い事が
 雪崩のごとく起きますように」

と、目の前の人を心の中で祝福してもいいでしょう。

ただ私は、下の文章だとちょっと長いと感じてるのと、
パッと短時間でコトを済ませたいので、
上の方の短い文章を使っています。

また、「この人」を
女性なら「この綺麗な人」に置き換えたり、
男性なら「このカッコいい人」に置き換えると、
更に相手に好感を持たれてる感じがします。
(目の前の人が実際がどうであれです)

まあ、好みで自分のやりやすいやり方でやってみてください。

そして、これをやってる間は、まず、人の悪口は言えません。

また、不平不満を頭の中でぐるぐる考えてる暇すらないので、

一日100人なら100人の人にやってみる。

とか決めて実行していくと、いつの間にか

自分の事が本当に好きになってるかもしれませんよ。

そして、自分自身が心底嫌いな人は、
他人からも好かれる事自体があまりないので
恋人や異性の友達、もしかしたら
同性の友達すらあまりいないかもしれませんね。。。

だから、恋人が欲しいと本気で思ってる人は特に、
(別にこの方法じゃなくてもいいので)
自分を好きになって欲しいと個人的に願っています。


この記事の内容が良いと思われましたら、
下のランキングボタンを押してもらえるとうれしいです。



スポンサーリンク


スポンサーリンク