人生生きてれば、なにかしらあるものです。

他人から見て、今、とても幸せなそうに見える人ですら、

過去に辛い経験や、人生の壁に突き当たって、

前にも後にも引けず、八方塞がりを経験してたかもしれません。

誰だって、そういう事はあるものです。


ただこういった、人生のスランプに陥った状況で、

まわりのせいにしたり、自分の失敗ばかりを後悔、

または、悔やんでばかりしている人が世の中には結構いるかと思います。


一時的には、そういう事もあっても仕方がない部分はあると思うのですが

ずっと人のせいにしてばかりだと、いつまで経っても状況は変わりません。


つまり、

人をあれこれ言ったり、環境をあれこれ言っても、

現実には、まわりは変わりません。


例えば、

家族仲が良くなく、いつも喧嘩ばかりしてたり、

家族が冷たかったりしたとしても、

自分は悪くない、家族が悪いんだ。

と言ってる間は何も前に進みません。

また、

職場環境が良くなく、上司のいじめにあってたり、

上司どころか、周りの人に冷たくされる事があったとして、

会社が悪いとか、上司が嫌いだ。

と愚痴をこぼしても、明日から急にその上司が親切になったり

まわりの仕事仲間が優しくなる事は、まず100%無いでしょう。


             「元は自分です」


その人の問題は、その人が原因で起こっているに過ぎないので、

結局、その人が変わらなければ、何も変わらないのです。


ただ、これが唯一の救いになるのも確かです。


逆に言えば、周りに原因が無いなら、

自分にある原因に取り組んで改善していけば、

その悩みや問題は解決する。という話になります。


これが今回タイトルに書いた

どんなにつらくても、困難な状況でも、どんなに八方塞がりに見えても、

「あなた自身が変われば」状況に変化が必ず出てきます。

という話なのです。


いろいろ大変だとは思いますが、ちょっと自己を省みてはどうでしょう。


スポンサーリンク