さて今回は、この本の読み方、おすすめの活用の仕方
などなど書いていこうと思います。

というのも、この本は、
ブリージングストレッチの基礎がギッチリ書かれた本なので
情報量がとても多い&内容の詰まった本になります。

ただ、教室に通われてる方には常識的な話でも、
ブリージングストレッチ自体、初めて聞く人にとっては、
どこから手をつけたらいいのか?
途中でわからなくなる事もあるかもしれません。

この途中でわからなくなったり、
飽きてしまって、体操をやめてしまった!
ということになってしまっては
非常にもったないない話だと思うので
今回、ここに、おすすめの活用の仕方を書こうと思ったのです。

では、この本の読み方なのですが、
「はじめに」と目次と「第一章」を含めた数ページは、
なるべく読み飛ばさずに目を通してみてください。

この最初の数ページに、この本の趣旨と目的が書かれています。

ここを読んで、自分に合わない。

と思われたなら、書店で立ち読みしてた場合は、買う必要はありません。

私も、最初の「はじめに」や目次を含めた数ページを読んで、
自分に合わないとわかった本は、ベストセラーになっていようが
どんなに、人におすすめされても、絶対に買わないで今まできました。

ただ、これは自分に合いそうだ。

ともし思われたら、買ってみるのもいいかと思います。

(ちょっと話がそれました。もどしますね)

さて、読み進めていくと、いろんな体操が写真付きで紹介されています。

ただ、その数が、この本にはかなりあります。

だから、一からはじめて、
最後まできっちり順番に
パーフェクトにマスターしよう!

なんて考えると、たぶん、途中で飽きるかあきらめます。

だから、「はじめに」と第一章をある程度読んだら、

「目次」にもどって、自分にとって気になる項目を探しましょう。

例えば、私が女性が気になるかな?と思った項目は、

「おなかの引き締め」

「腰まわりをすっきり」

「肩&腕やせ」

「むくみ&冷え解消」

「便秘の解消」

という項目です。

そして、この項目のそれぞれのページには、
写真入りで体操のやり方がわかり易く書かれています。

まず、この気になるところから、初めての人はやってみてください。

そして、ひとつ出来たら、次に気になるところをやっていく。

そんな感じで、週に何回か、

思い出した時に本を見ながらやってみてください。

ただ、この本は、寝る前とかに、枕元に置いておいて、
気になるページを読むのをおすすめします。

本当は
第一章から順番に第二章、第三章と進めていく方が
一番効率良く、やせるからだに持って行くことが出来る。
と私は思っています。

ただ、初めての人は、全部をやり終える前に飽きちゃう事が多い。

だから、まずは気になるところから。です。

また、この本には、体操以外にも、体の事について書かれているので
意外と知らないこともあって、勉強にもなると思います。
(私も最初は知らないことばかりでした)

そして、日常に
このブリージングストレッチを取り入れる事が出来て
習慣化出来たら、もしかしたら意外と早く
ベストのプロポーションになれるかもしれません。

(しかも、慢性病が改善したり治ったりというおまけもつくかも)

ただ、本を読んだだけでは、絶対にやせれないので行動は必須なのですが、
もし、自分に合ってそうだ。と思われたら、取り組んでみてはいかがでしょう。


著者 古久澤靖夫 
初版 2011.4.25