普段の生活で、車を運転していると、前が空いてるのに
制限速度以下で走ってる車がいてイライラしたり

信号待ちで青になったと思ったら、
前の車が思い出した様に右にウインカーを出して、
行こうと思ったのに、待たされて腹がたったり
雨で大渋滞を起こしてて、会社に遅れそうになったりと、
車を運転してるだけでも、ストレスがたまることがあります。

また、台風で電車が遅れたり止まったりして足止めされたり、
バスに移動したら、長蛇の列でうんざりすることも。

この様に、わたしたちは常日頃から何かと時間に追われ、
いろんなストレスを溜め込んでいっています。

そして、そのストレスを時々発散できれば
まだ楽になれると思うのですが、
仕事や生活に追われていると、どうしても、
時間が取れない事が多いでしょう。

そういう時は、ちょっと考え方を変えてみると
気分が切り替わって精神的に楽になるかもしれません。

実は、私達は他人の行動で自分の行動を制限されると
何かしらストレスを感じてしまいます。

例えば、上にあげた車のノロノロ運転とかです。

運送関係の仕事をされてる人に
聞いてみると教えてくれると思うのですが

雨の日とかに、前があいてるのに
制限速度より遅い車の後ろについていくのは
かなりストレスになる。と答えてくれるはずです。
(時間が決められていて、遅れそうになってるならなおさら)

また、信号で止まるために減速してる時に、
前に割り込んでくる車にも、とてもストレスを感じると
話してくれると思います。(これは本当に危険な行為です)

これは、他人の行動によって、自分が制限されてる。
という状態の一例です。

こういう事は、人口密度が高い都市ほど
頻繁にあることだと思います。

しかしこれらは、通常の精神状態の時は、
スルーできても、体調が悪かったり悩みがあったり、
何かに我慢していたりしていたら、
どうしても、腹が立つのが人間だと思うのです。

そういう時は、そこで深呼吸をしてみてください。

一度の深呼吸で、落ち着かないようなら
三回ぐらいやってみましょう。

さて、落ち着いたとします。

そして、ちょっと頭の中で、思い出しましょう。

子供がいるなら、子どもの笑顔。
好きな人がいるなら、好きな人と一緒にいる場面。
好きな友達や親友との楽しいひととき。など等。

少しの間、頭の中でイメージ出来たら、
他人にイライラしていた自分にこう言ってください。
(イメージの中で)

世の中には、自分の見てないところで
陰ながら応援してくれてる人達がいる。

本当は自分が知らないだけで、
目の前の出来事に関わってる人が、
陰ながらいつも助けてくれてるかもしれない。

日頃助けてもらっているのに、今日はたまたま
邪魔に見えてるからといって、腹を立てるのはよくない。
逆に、感謝しないといけないくらいだ。ありがとう。

と、イメージして、相手に感謝してください。

最初にもどりますが、
タイトルでいう「視点を変えてみては?」というのは、
自分の視点で、その場だけの状況を見るのではなく、
もっと全体的に見てみてはどうですか?という意味です。

日本、いやこの地球上で、
ひとりで生きてる人はいません。
(わかりきったことかもしれませんが)
何人もの人に支えられて、みんな生きています。

生活や時間に追われて、
ストレスを知らず知らずにためてしまう
自分がいるかもしれませんが、ちょっと視点を変えて、
全体的に見るようにしてみてはどうでしょう。

物事を自分の視点で一時的に見るより
全体的に時間の概念をとっぱらって見たほうが
正しく判断できるかもしれません。

これは、日頃、
ストレスを溜め込まない為のひとつの方法です。

ただ、ストレスやプレッシャーに今にも
押しつぶされそうな人にはあまり効果が無く、
ある程度気持ちに余裕がある人向きです。

すぐに腹が立つ人や、イライラしがちな人におすすめです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク