そういえば、オリンピック選手というのは、
メンタル面の強化が必須科目だそうです。


聞いた事があると思いますが、

どんな競技でも、イメージというのは大切で、
例えば、マラソンの優勝を目指す人などは、
ゴールのテープを、気持ちよく両手を上げながら切るんだ~
と、毎晩イメージしながら眠り、
大会当日でも、しっかりと、
笑顔で優勝を喜んでる自分をイメージしたり
優勝インタビューを受けて、
楽しそうにコメントしている姿を想像したりするそうです。

もちろん、ご存知のとおり
いつも思ってる事は実現しやすく、
信念までもっていけたら、ほぼ、確実に実現します。


これも聞いた事があると思うのですが、

「私は、今日、優勝すると思っていました。
 スタートする前から、予感的なものがあって、
 スタートした瞬間に、勝った!と思いました。」

というコメントを、たまに、
後日談として週刊誌とかで読む事があります。

これは偶然でも何でもなく、
思った通りの事が、実現したに過ぎません。
たぶん、この選手は、優勝する事が
自分の信念になったのでしょう。

こういう事は、日常でもいくらでもあります。

ただ、逆パターンでの例が多いのがスポーツ選手と違う所ですが。


つまり、失敗したらどうしよう?

とか、間違ったり、言う事を忘れてしまったらどうしよう?

という心配事がそうです。


絶対に、失敗してはいけない物事に、
挑戦する前から、気が弱い人や心配性の人は、

   「失敗したらどうしよう?」

と、言い続け、また、頭の中で
この言葉が、繰り返し繰り返し出てきます。

何度も思った事は、実現しやすいので、
思った通りに、失敗してしまうでしょう。

「緊張したらどうしよう」も同じです。

必ず緊張するでしょう。


スポーツ選手、しかもトップクラスの選手は、
この事がよく理解できているので、
試合当日には、絶対に、片時も、ネガティブな事は
思わないようにしています。

思った瞬間に、
負けが確定してしまうのを
経験として知っているからです。


私もトップクラスのスポーツ選手に学ぶ所が多いのですが
なかなか、プロと同レベルまで、
メンタル面を強化するのは、難しいなぁと感じています。


みなさんも、ちょっと、
ここら辺の事を頭の片隅にでも置いておいてもらえれば、
何かの時に、役に立つかもしれませんよ。