(前の話の最後に、書くつもりだった事でしたが
 忘れてたので、ここに書いていきます)

みなさんは、「クラウド」という言葉を聞いたことがありますか?

(テレビのCMでも時々出てくるので多分聞いたことはあると思います)

これは、いったいどんなものかというと、

自宅のPCのデータを、別の場所にあるサーバーに保管して管理するシステム。

つまり、自分のデータをPCや携帯電話、スマホだけでなく、
インターネット上に保管しておいて、外出先、例えば会社等でも
そのデータを活用できるシステム。という感じのものです。

そして、私の個人的な考えとして書くのですが、

私は、この「クラウド」というシステムを信用していません。

ただ、もし、使う必要があるなら、重要なデータ。

例えば、

IDとかパスワード。他には、顧客データ。などは、

私は絶対にクラウドにデータ保存しません。

これは何故か?というと、

前回話したとおり、

アメリカという国が、このクラウドの中を勝手に覗いて、
重要なデータを盗んでいく可能性があるからです。

また、重要なデータを盗んだ上に、
データを改ざんしたり削除する可能性もあると私は考えています。

(これはアメリカに限った話でなく、
 個人でも技術があるハッカーなら上のことなら朝飯前です)

アメリカという国は、自国の利益が阻害されると判断したら、
他人の情報だろうと国の情報だろうと、
勝手に閲覧していい。

と自国の法律で取り決めています。

ただ、その場合、裁判所からの礼状が必要になるだろう?

と言ってっくる人がいるかもしれませんが
そんなもの、事後報告で後からでもどうとでもなるし、
法律がキチンと守られてる。なんて、アメリカ国民ですら信じていません。

法律は、国民を守るためにある。

と信じているのは、お人好しな日本人だけです。

というのも、日本は性善説が普通ですが、
外国のホトンドの国は性悪説が普通なので、
お人好しでいると、必ず損をするように環境がなっているのです。

だからそれが嫌だから、
生きる上での自己防衛が徹底的にされているのですが、
そこらあたりの事が、日本では、かまり甘いようです。

話をもどします。

クラウドは、その人だけが個人的に使う事も出来ますが、
複数の人が集まって、グループでデータを共有する事も可能です。

という事は、見知らぬ他人でも、IDとパスワードさえ解かれば、
誰でもどこからでも、その人のデータを見ることが可能。
という話になります。

このIDとパスワードは、意外と簡単に
他人に知られる可能性があるってことは
みなさんもご存知だとは思います。

ただ、PCに詳しく無い人は、平気で、重要な情報&個人データを
クラウドにまとめてデータ保存して使っている事があるのですが

もし、アカウントハック(IDとパスワードを盗まれる)されてしまうと
財産全て失う可能性だってある。という事を知りません。

私はやり方を知りませんが、
アカウントハックなんてどこにでも聞く話です。

もし、クラウドを活用されてて、重要なデータ
(例えばネット銀行のID&パス等)を一括保存されていたなら、
即、そのデータを削除しておいた方がいいかもしれませんね。


この記事の内容が良いと思われましたら、
下のランキングボタンを押してもらえるとうれしいです。



スポンサーリンク


スポンサーリンク