これはタイトルにもある通り、
何の苦もなく、自由気ままに生きてる人もいれば、
生活自体に行き詰まって、もうどうしようもない人もいる。
ということについて、ちょっと書いていこうと思います。


さて、結論を最初に書きますと、

結局、今の資本主義のもとでは、
極端な貧富の差は避けられない。

と、いうのが私の答えです。


だから現在は、この貧富の差で

  「天国」 と 「地獄」

が、同時にこの世の中に現れ、
かなり混沌とした世界になってるのが
今の地球の姿だと思います。


これだと、天国に生きてる人ならまだしも、
生きながらにして地獄を味わうとなると、
「たまったもんではない!」というのが本音だと思います。


私もどちらかというと物質面では「地獄」の方を味わっています。
しかし、精神面では逆に「天国」に生きてる所があるので
不思議、といえば不思議に感じています。



この天国と地獄の生き方、生活については、
色んな疑問や問題があると思うのですが、
一番の問題は、大多数の人が「地獄」の状態。

日本でも、
生活が苦しい状態にある人がとても多く、
逆に、裕福で遊んでいても、
毎日寝ててもお金が入って来て暮らしていける人が
極端に少ない。という事が実際にあります。


生まれてから今までにお金に困った事が無い人は、
実際に働いても働いても生活が苦しい人の気持ちはわかりません。

しかし、問題なのは、世の中を動かしている人の多くは、
この気持ちがわからない人達だ。という事です。


ここで例を上げると、

日本の政治の世界で、
大臣職以上に就いた人の中で、ビジネスがわかる人は皆無でしたが
更に、お金に困って、生活が苦しい日々を長年経験した人が、
その状態で大臣になった人はいません。

つまり、大多数の日本人の気持ちがわからない人、
理解できない人が、国を動かしている。という状態が今の日本なのです。


この状態で、弱い立場の人や生活に苦しい人が、本当の意味で
改善され&豊かに生活できる可能性は、ほぼゼロでしょう。


やれるとしたら、膨大な借金をして、
政治家達の自分の懐が痛まない、税金を上げる事をして
(自分達の手を汚さずなんの苦労もないお金の稼ぎ方をして)
日本中にお金をばら撒く事しか出来ないと思います。


この程度の事なら、そこらで道くさ食ってる小学生でもできるし、
更に小学生のほうが、素晴らしいアイデアを出してくれるでしょう。


さて、ここで話をもどします。

つまり、
豊かなお金持ち、経済的な自由人は、
極少数でしかも、今の世の中を動かしている立場、

逆に、生活が苦しく、
いつも苦難や悩みを抱えて不安定な生活をしている人が、
とても多いのが、今の世の中の状態です。


これらの根本の原因は、今の資本主義を基本にした経済活動です。


これはもう、秒読み段階でいつ終わるか?という状態なのですが、
それでも今はまだ、この資本主義が基本です。

ただ、
資本主義が終わった直後は、混乱期に入るので大変なのですが

うまく乗り越えられたら、
今よりかなり楽に楽しく生活出来る環境にはなると思います。


まあ、それまでちょっと大変ですが、

( ´ ▽ ` )なるようになるもんですよ。

とわたしは言いたいです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク