「世の中は不公平だと思いますか?」

この質問については、
世の中を、小さく細かく見ていけば、
不公平と見える事がある。と私は考えています。

身近なところでいうと、お金持ちの家に生まれた子供と、
そうでない子供の格差に対して不公平感を感じるかもしれません。

お金もちの子供は、幼稚園のころからよい所に入れますが、
そうでない子供は、一般の幼稚園で
予約待ちして入ることもできない子もいます。

学校にしてもそうで、お金を持ってる家の子供は
私立のよい学校に入れるとしても、もってない家の子供は、
お金のかからない公立にいくしか手がありません。

これらは、ひとことでいえば、お金のあるなしの話です。が、
公平か?といえば不公平かもしれません。

ただ、恵まれた環境で育ったといっても、
一概に「良い」とも言い切れないのが、この世の中です。

学生のころは、とても優秀な評価だった人でも
社会に出たら、まったく使えなかった。
という人は、世間にはゴロゴロ居ます。

また、1年前ぐらいの話になりますが、
東京の電力が足りなくなって、計画停電が実施された時の事です。

この計画停電の地域の中には、病院が含まれていました。
そして、病院にとって、電気のあるなしは、
人の生死にかかわる重大な事だと私は思うのですが、
しかし、命には関係ないパチンコ店のある地域は、
ほぼ100%計画停電から外されていました。

この時に、自分が手術を受ける立場だったら、
どんな温厚な人でも腹が立つと思いますが・・・

これは、不公平だと思うのですが、みなさんはどう思います?

ただ、こういった小さいところを、
ひとつひとつ見ていくと、世の中不公平に見えてきます。

しかし私自身は、こういう細かい所を見て判断するのをやめようと思っています。

なぜか?というと、
まず、生まれた時から、すべての人が平等では無いからです。

五体満足で、元気に生まれてきた人もいれば、
そうでない人も、少なからず居ます。

その生まれた家も、いろいろです。

もちろん、育っていく環境も十人十色。

スタート地点から違うので、
何もかも平等にする事自体が不可能だと私は思うのです。

ただ、世の中には、自由で平等の世界を目指している人も存在します。

もちろん、理念は素晴らしいと思うのですが、今の世界では不可能です。

この世の中には、いろんな人がいます。

このいろんな人、というのが問題で、

人をころしても何とも思わない人もいれば、
人のものを盗んでも平気な人、
弱いものいじめが大好きな人、
暴力が好きで好きでたまらない人もいます。

これにプラスして、
今の世の中のルールは資本主義=弱肉強食です。
このルールの下では、お金さえあれば何をやっても許される。
が適用されているのです。

これを見ても、平等で公平な世界は実現不可能な事が理解できると思います。

不公平の無い、公平な世界というのは、

ある一定レベルの人たちが集まった世界でしか通用しません。

簡単に言うと、人間ができた人、人間性が高い人、
ガンジーやマザーテレサのような人達しか、いない世界なら
自由と平等の世界は、実現できるでしょうが、今は無理です。

じゃ、このまま不公平な世界に生き続けないといけないのか?

というとそうでもなく、実は大きい目で見れば、世の中は平等です。

ただし、いろいろ経験してかなり勉強しないと、
ここに書いてある平等の意味が理解できないと思います。
(※私自身も完璧にわかってるわけではないですが)

小さいところを見ると、どうしても不公平感はあるのですが、

世の中全体を見ると、公平です。

人から盗みを働いた人は、やっぱり、何か悪い事が後から起こっています。

他人を欺いて稼いだお金を大量に貯め込んだ一見裕福な人でも
家も立派で家族仲も良くても、身体が病気に犯されて、
何年も生きれない人も存在したりします。

こういう、人にしたことは自分に帰ってくる。

というルールは平等のルールです。

この世界に生きていれば、必ず適用されるルールなので、
時間の差はあれど、必ず自分に帰ってきます。

ただし、悪人ほど長生きして幸せそうに見えるものなんですが、
それはただ、時間差だけの問題であって、次、生まれてきた時は、
人間じゃなく動物(へびとか)になる場合もあったりします。

まあ、悪い事はしない方が身のためです。

この世界は、公平だと思います。

だから、小さいところ、細かい所を見るのも大事ですが、
全体を見るのも、もっと大事だと思うのです。

具体的には、
自分に、不公平だ。と思うところがある人は、
まだ、世の中の勉強が足りてないので、よく勉強してみてください。

また、新聞やテレビを見た程度の知識で満足している人は
逆に何も知らない人より、無能な人間になってしまいます。
ので、そこは注意が必要です。

この記事の内容が良いと思われましたら、
下のランキングボタンを押してもらえるとうれしいです。



スポンサーリンク


スポンサーリンク