人には限界がない。と感じた出来事&思い出話。

今日は、過去に1度書いた話なのですが、
ふと、また書きたくなったので
書かせていただきます。

さて、個人的な話なのですが、
私はテレビよりラジオの方が大好きで、
時間があれば、いつもラジオを聴いていました。

特に好きだったのが、
RCCラジオの「なんじょ(なんでもジョッキー)」
でしたが、現在は「ごぜん様さま」があり
これもまた大好きです。

ただ、上野さんは現在引退されてしまって、もう
世羅洋子&上野隆紘コンビの掛け合い漫才が
聞けなくなってしまったのですが、

今でも現役でRCCラジオのドン
(大ボスの)世羅さんのヲホホ笑いが
木曜と金曜のラジオから聞こえてくるので、
まだまだRCCラジオは安泰だと私は思っています。

と、まだまだ書きたい事はいろいろあるのですが、
広島のラジオの話はこの辺で終わらせていただいて、
実は、今回話したいのは、
ABCラジオ、大阪のラジオ番組の方です。

で、私の住んでいる場所は、RCCラジオ1350kHzも聞ければ、
abcラジオ1008kHzもなんとか聞こえます。

そこでよく聞いていたのが、
「おはパソ(おはようパーソナリティ道上洋三です)」です。

今はradikoのお陰で、
めっきりRCCラジオ中心になってしまい、

今現在の「おはパソ」が
どうなっているのかさっぱりわかりませんが
とても大好きなラジオ番組なのは変わりありません。

この番組「おはパソ」では、
前日、阪神タイガースが試合で勝てば
道上さんが、朝の決まった時間に
「六甲おろし」を歌ってました。

当時は、大阪のタクシーの運転手さんが、
ラジオの道上さんの歌に合わせて
一緒に「六甲おろし」を歌ってた。

と聞いた事があり、大阪では知らない人はいないのでは?
&タイガースファンには無くてはならないラジオ番組でした。

さて、タイガースの熱烈なファンである道上洋三さんは、
タイガースファンはもちろん、
大阪の多くの人にも、とても愛されているのですが、
一時期大病を患い、ラジオから
声が聞けなくなった時期がありました。

この大病というのが、脳腫瘍だったそうで、
(お年もお年だったので)一時は引退か?
と噂も流れるぐらいだったと
当時を振り返ると、うっすらと記憶に残っています。

しかし、驚異的な回復をされて復帰されました。

当時は私自身もリアルタイムで、
そのラジオ放送を聞いていたのですが

普通は、回復に年相応の期間がかかる。と
担当した医師自身が話してた。のを
当人が言ってたか別の人が言ってたのを覚えています。

ハッキリとは覚えてないのですが
もうその年(60歳超え)でそういう大病をされてたら
回復しないでそのまま病院暮らしになってもおかしくない。
とう話も聞いた気がします。

それが、2ヶ月もしないうちに、回復&職場復帰されたのです。

(wikiをみたら、
 8月3日に腫瘍の摘出手術をして、
 9月25日にラジオ復帰だそうです)

現在、70歳の方です。

当時は60過ぎてたので
普通ならもう定年退職している年齢です。

その年齢でガンの手術をして、
2ヶ月もしないうちに職場復帰出来る事自体本当に奇跡です。

そして、今、abcラジオのサイトを見てみると、
とびっきり笑顔の道上さんの顔とともに
現在のラジオパートナーの「久野愛」さんの笑顔が
サイトのトップに大きく載ってました。

美人ですね!

いや、そういう話ではなく、

今でも、阪神タイガースが試合で勝つと、

次の日の朝、道上さんの「六甲おろし」がラジオから聞けるようです。

現在70歳の道上洋三さんは、
ガンになっても奇跡的な回復力を発揮し

今でも、現役で、
タイガースファン&ラジオの
パーソナリティーをやっているのです。

この現実を目の当たりにすると

人間の能力って、本当に限界がないって気がしてきます。


この記事の内容が良いと思われましたら、
下のランキングボタンを押してもらえるとうれしいです。



スポンサーリンク


スポンサーリンク