これは、前回細かいところを書くのを忘れてたので追加です。

普通の人、ほとんどの人は、自分が死ぬことについて、
常日頃から、真剣に考える事はないと思います。

そもそも、自分は死なないと思ってる節があります。

若くて健康で、何もかも順調に上手くいってる人ほど、
自分の寿命や死については、まったく思いもしないでしょう。


しかし、人ってあっけないところがあるのも事実です。

老衰で、まあそろそろお迎えが来ても不思議ではないな。
とはたから見てもわかる人なら覚悟もできますが、

昨日まで、元気でばりばり働いてた人が、
今日会社に出勤したら、亡くなってた。

という事は、(そんなにありませんが)
たまに聞く事があります。


だいたい人って、自分がいつ死ぬのか知りません。
(知る方法はありますが)

普通は、老衰で死ぬか、
事故で死ぬか、病気で死ぬかなんて
自分自身、知らない人がホトンドだと思います。


それなのに、自分を無理矢理抑えて、
周りに合わせて生きてる人がいます。

自分が本当にやりたい事で、
実際に決断次第でやれる環境でありながら
チャレンジしない人もいます。 失敗が怖いから。

ただ、初めて経験する事ほど、失敗するのが当たり前。

成功する人の方が少ないし、この世の中で生きていて
失敗した事がない人自体、ほぼいないというよりゼロです。

しかも、自分の寿命がいつかわからない状態です。

もし、明日死ぬ事になってた場合、
今、やりたいことで、後は決断次第の事をやらなかった場合、
明日、もし何かの事故で自分はもうダメだな。という状態の時。
昨日、なんであれをやらなかったんだろう?と
死ぬ間際になって悔やむ事になります。
極端な例ですが。

自分が老人になって、ベッドで寝たきりの時、
必ず思い出の中に、
この「チャレンジして来なかった記憶」が出てきます。

必ずです。

私自身は、いろんな馬鹿な事をしてきましたが、
中には失敗するのがわかりきった事もしてきたので、
チャレンジ出来た事をしなかった事で
悔やむ事はたぶんありません。

みなさんは、どうですか?

自分が年を取って、チャレンジする事すら不可能になってから
あれをやればよかった、これをしてればよかったと
死ぬまで悔やみ続ける・・・

こんな余生を生きたいですか?

もちろん、若くしてチャレンジする事が不可能になる場合もあります。
(事故で植物人間に近い状態で意識だけある場合とか)

考えたらキリがありませんが、
自分の寿命がわからないなら
やりたい事に、今、チャレンジする事は、
人生の無駄にはならないと思います。

スポンサーリンク



スポンサーリンク