最近、船井幸雄さんの本を
また読み返しているのですが
船井さんの本の中で
ときどき出てくる話題で、

「人の頭は、使えば使うほど良くなっていく」

という話をされてることがあります。

私もこれは納得です。

というのも、老人と言われる年齢の人の中には、
痴呆症になってる方がおられます。

記憶が定かでは無くなる病気なのですが
ただ、年をとってもずっと勉強していたなら、
痴呆症にこんなにも多くの人がかからなかったと思うのです。

もちろん、身体にも脳の為にも
栄養はバランス良くとっておかないとダメですが、
その上で、毎日(なんでもいいので)学ぶ生活をしていると
痴呆症になってる暇はないと思うのです。
(もちろん病気で仕方が無い場合もあります)

船井さん自身生前は、この年になって
身体はいう事を聞かなくなったが、
頭はしっかり冴え渡ってる。
とサイトに書かれていました。

そして今私の手元に船井幸雄さんが書かれた

「未来への言霊: この世の答えはすでにある! 」

という本があります。

この本は昨年の11月に書き始められた本なのですが
内容も文章もとても81歳が書かれてるとは思えないぐらいしっかりしてます。

今手元にあるこの本は去年末までに書かれて、
1月22日前には書店に並んでいたことになります。
(初版発行は1月31日になってますが)

そして、船井幸雄さんご本人は、1月19日に大往生されました。

最後の最後まで、仕事をされてた仕事人です。

流石にこの船井さんレベルで生きるのはかなり難しいと思います。

しかし、年をとっても、一生勉強していくつもりで勉強していければ
自分の寿命が来るその日まで、元気に働く事が出来るかもしれません。
船井さんは実際にそうされましたし、やる気になれば
どんなに年を重ねても、いくらでも勉強が出来ると思います。

これは、何もお年寄りに対しての話だけではなくて若くても一緒です。

年をとってからの勉強と、
社会に出たばかりの人がする勉強とでは質が全く違います。

できるなら若いうちから勉強癖を身につける事をおすすめします。