私が住んでいる場所は、田舎なのですが、
田舎の移動手段というとやっぱり車になります。

そして、車を運転しているといつも思うのが、
譲り合いの精神です。

この譲り合いを具体的に書くと、

横から入りたがってる車を見たら、入れてあげるとか、

前から来てる車が、右折したがっていて
しかも、その車の後ろにたくさん車が詰まっていたりしたら
その車が右折しやすい様に、ライトを点滅して合図し、
こちらのスピードを落として、時間を作ってあげたり。
とかです。

これは、車の運転をしてたらどこでも見かける光景です。

もちろん、これらは日常でも形は違えどよく見かけます。

電車やバス等で、お年寄りを見かけたら、席を立ちゆずるとか。

ただ、こういう譲り合いでも、

自分が見えてる時もあれば、見えてない時もあります。

私自身も、よくよく気を付けようと思ってるのですが

実際、自分の見えてないところで、譲られていたり、助けてもらってたり

支えてもらっていたり、等を結構してもらっています。

ただ、この見えないところで助けてもらっている

この「お陰様」のことを忘れてしまうと

人は必ずどこかでつまづく様になっているようです。

この頃、うまくいかないな~とか調子がわるいな~

と思う事があれば、
こういうお陰様を忘れているからかもしれません。


この記事の内容が良いと思われましたら、
下のランキングボタンを押してもらえるとうれしいです。



スポンサーリンク


スポンサーリンク