今日は、日本経済について少し書いてみようと思います。

(これは、自分達が住んでいる国の経済が、今どんな状態なのかを
 簡単に知ってもらってても悪くないかな?と思って書いてみました)


さて、日本の経済といえば、国を運営する国会という場所がありますが
ここで働いている人の中には国会議員という人達がいます。

基本的にこの人達は、
スポンサーからのお金で、当選しているだけに過ぎず、
(実力や実績としては)自分で働いてその貯めたお金で会社を起業し
株式を上場した人は、議員の中では誰ひとりとしていません。

つまり、ひとつの会社を運営してきた経験や知識や技術すら
持ってない人達が、今の国を運営しているという事になります。

(簡単に言えば、運転免許を持ってない人が
 F1ドライバーとしてレースに出る感じでしょうか?
 まあ、それで勝てる方がオカシイですよね)

会社を運営した事がない人が、国を動かしている。

これだけでも、日本経済が悪くなる要素はあっても
良くなる材料はどこにもありません。

では、人柄はどうでしょうか?

これも簡単に判断出来ると思うのですが、
ある総理大臣などは、人をよく見下した発言をしていました。

これは、基本的に(会社等で)人の下で働いた事が皆無な人が、
簡単に総理大臣になれてしまう様で、弱い立場の人の痛みとか
苦悩などは感じることすら全くなくても
なんら問題ないからだと思います。
(まあ、その程度の人が総理大臣になれてしまうのが日本という国です)

そして、スポンサーからのお金やコネ(後援会等)がなければ、
今のホトンドの議員は国会には、いなかったでしょう。

もちろん、国を運営(良く)する技術なんてありません。
もしあるならば、今の日本は借金もなく、とても豊かになっています。

これからの経済状況は?というと、今回は、誰ひとりとして
責任を一切取らない党が与党になってしまいましたので、
また、今までどおりに、借金を重ねて
問題を先送りするやり方を繰り返す事でしょう。

もちろん、会社を運営した経験が皆無な人の集まりなので
国の景気が良くなることは(一時的にあっても)まずありません。

しかし、そうなると困るのは、弱い立場の人達です。

生活保護を受けてる人や年金生活の人、
働きたくても働けない人や病気療養中の人など、
生活に苦しい人は、これからも更に苦しい目に会うでしょう。

そして格差社会もどんどん進んでいっています。

お金持ちと貧乏人との差がかなりハッキリしてきました。

しかし、こういう状況になっても、

  「なぜこんな状態になったのか?」

と、疑問に思う人が未だいるようです。(不思議に思います)

そして、自分から何が真実なのか、今何が起こっているのか?を
調べ勉強しない人は、これからも、いつまで経っても
今、何が起きているのかわからないまま、ずっと苦しむ事になるでしょう。

そういう苦難と困難な人生を歩むのは、
まあ人それぞれで、それはそれでいいのですが、
もし、今の自分の人生に納得がいかないなら、自分から動いてみる
(調べ勉強してみる)コトをしてみた方がいいかもしれませんね。


この記事の内容が良いと思われましたら、
下のランキングボタンを押してもらえるとうれしいです。



スポンサーリンク


スポンサーリンク