こちらの相談者さんは、

20年勤務している、最年長の社員の人が
会社での勤務態度に問題があり、
どうしようか迷っている。

という相談でした。

会社自体も、かなり厳しく、
その問題の社員さん(Aさんとします)の仕事すら無い状態、
Aさんは、現場の管理職だそうで、やる事がないそうです。


ただ、管理以外の仕事が、有る時もあるのですが、
例えば、営業の経験もあるそうで、仕事が無いなら
仕事を取ってくる営業をすればいいのですが、それをしない。


元請けから作業員が足りないから。という要請があっても、
今更作業員はやりたくないと言ってくるという・・・

会社は本当に大変で、事務員ですら、ちらしくばりをしているとか。

しかし、Aさんは、暇なときはPCで遊んでいて、
事務員がちらし配りでもしてはどうか?と話しても
「嫌だ」と答えたそうです。


Aさんは、50歳で独身。
最年長で、率先して仕事を取り組むべき立場の人が責任感が無いようだ。
と、この相談者の人は書いていました。



さて、私が、この相談者さんの立場だと、どうしたでしょうか。


例えば

一緒に、営業に出かけます。

そして、ある程度一緒に行動したら、後は任せます。

営業に回っているあいだに、今の会社の状態を、しっかり説明します。

もちろん、Aさんを雇ってる余裕はない事を雰囲気で伝えます。
(明確には言いません)


後は、本人次第。


やる気が見えないなら、すぱっと切ります。

(やる気が見えても、結果が出ないなら様子見です)

流石に何も伝えずに、首を切るのは
他の社員にも悪い影響が出るので出来ません。


やる気を出してくれたら、
どんどん仕事を(雑用でもなんでも)やってもらいます。


つまり、
年長者が一番率先して働いてくれないと、後輩たちに示しがつかないのです。


こちらの相談者さんは、
長年一緒に仕事をしてきた事もあり、情があり、
どう判断したらいいか迷っておられました。
気持ちはよくわかります。

しかし「情」で判断を誤り、
会社を潰した人が、沢山いる事も知ってるはずです。



ただ、長年一緒に仕事をされてたなら話は早いです。

もう一度昔にもどって、うまくコミュニケーションを取りながら、

必死に仕事をやっていくしか、道はないと思いました。



これは、どこの会社でもしている事です。



社長以下、一丸となって、
死に物狂いで会社を運営していかないと、
今は、生き残れない世の中なのです。

それでも、実際にこの通りには
話が進まない場合も多いので難しいところですよね。

スポンサーリンク



スポンサーリンク