体が発する声に、耳を傾けてますか?

今日は、先日体についてためになる記事を読んだので、
その話について、書いていこうと思います。

さて、まず、その記事はどこで読んだのか?というと、
古久澤靖夫さんが発行しているメルマガです。

公式サイトはこちらです。

そしてこのサイトの右の中程に
そのメルマガについてのリンクがあります。

さて、そのためになる記事にどんな事が書いてあったのか?
というと、

体が不調な時に、
整体師の人に治療して貰う場合の注意点が書かれていました。

簡単に説明すると、

体というのは、人が思っているより、はっきりと声を出しており、
どこか痛い部分がある場合、それに対して痛み止めの薬を飲んだり
整体師さんに頼んで、体を治してもらおう。
なんてことをしてしまうと、

この体からの声を聞かない事になり、
ますます、症状が重くなる場合がある。

という話です。

つまり、
その人の無理な行動や、悪い考え方が
自分自身の体に影響を与え、
その無理を体が病気や症状で訴えているにも関わらず
根本の原因を見ようともせず無視して、
薬や整体師さんに頼んで、押さえ込もうとすればするほど、
いつまで経っても、その病気は完治しませんよ。
という話です。

そしてこの様に、
体は、その人の想いや考え方が悪ければ悪いほど
正直に痛みや病気となって表現しているのですが
その表現(声)を聞いて、薬などに頼らずに
自分の体は自分が面倒を見ましょう。
という話をその記事でかかれていました。

自分で出来ることは自分でしましょうという話は
当たり前といえば、当たり前ことなのですが、
結構こういう情報をみて知識として知っていないと
近くにある手頃な薬や病院に頼ってしまいがちになります。

それが100%悪い事だとは思いませんが、
病気を治す方法は、それだけしか無いわけではないですよ。

という話を今回してみました。

興味のある方は、一度、上の公式サイトにいってみてください。


この記事の内容が良いと思われましたら、
下のランキングボタンを押してもらえるとうれしいです。



スポンサーリンク


スポンサーリンク