人は、何か新しい事を始める時など、
必ずと言っていいほど、迷うと思います。

初めてやる事は、特に不安になるでしょうし、
実際にやってみた時にどうなるかわからないので、
自分が失敗する事を想像してしまうかもしれません。

しかし、何をやるにしても、
失敗を恐れず、『今すぐ』始めてみてください。

なぜこう言って、行動を勧めるのかというと、
実は、自分の想像と実際やってみての経験が
まったく違う事が、この世の中には多々あるからです。

極端な話になりますが、
私たちは、日々、失敗を恐れています。

何をやるにしても、失敗しないように行動していると思います。

(ケースバイケースで全ての人に
 あてはまる考え方ではないのですが)
例えば、会社などでは、重要な仕事等で
『一度失敗したらもう終わりだ』
と考えてる人は少なくないと、私は思っています。

別に重要な仕事でなくても、
何かの取引に失敗したり、人間関係の構築でもそうです。
営業や、経理のミスもあるかもしれません。

これらは会社での話ですが、日常の生活にもいろいろあります。
つまり、人は多かれ少なかれ、失敗を恐れている部分があるのです。

だから、
自分の知らないまったく新しい分野を
自ら進んで始める事などは(年を重ねれば重ねるほどに)
やらなくなるのが、世の常だと私は思っています。

そして、何かを始める時は、
自分で勝手にいろいろ想像してしまうものですが、
実際にやってみると、そんなに失敗しないで
うまくやっていける事が、意外と多くあるのです。

また、実際に自分で経験する事は、
人が言ってる事と違う場合があります。

ある人にとっては、しゃべるのが苦手で
営業職が嫌で嫌で仕方が無いと言っていても、
自分が実際に営業職をしてみたら、
しゃべるのは苦手でも、意外とうまくいった。
という事がありえるのです。

つまり、自分の適性や自分の実力は、
実際にやってみない事には、わからないのです。

やる前から想像上で、
自分の実力は「このあたりだ」と決めつけてしまうと
どうしても、新しい事は始めにくいものです。

私達は、まず失敗を前提に
ものごとを考えるクセがあるので、
どうしても、失敗した時の無様な姿を想像して
やりたい事ですら、やらない事があります。

(何度も書きますが)
でも、自分がそれに合ってるかどうかは、
実際にやってみないとわかりません。

人によっては、やりたい事でも、
失敗を恐れて、やれない人がいます。

やれる状況でありながら、やる決断が下せなかった。
という経験ほど、悔いが残る経験はありません。
好きなことや、やりたくてしょうがない事ほどそうです。

そして、最後になりますが、
失敗して、無様な自分をさらけ出しても、
誰も笑ったりしません。

もし笑われても、大丈夫です。

(これは私の経験ですが)

何かをやって、大失敗して、人に大笑いされた時は、
その場は、顔から火が出るくらい恥ずかしいのですが、
1年、2年と時間が経つと、笑い話になってくれます。

そして、世の中で話をして一番つまらない人というのは、
まったく『失敗をしてこなかった人』なのです。

TVで見る芸人が面白いのは、
失敗や大失敗をたくさん経験しているから、
つまり、自分の人生にネタがあるから、
人を笑わせる事が出来るのです。

自分のまわりにも、おもしろい人はいると思います。

そして、周りからもおもしろい人だと言われてる人は、
絶対に、何度も何度も失敗して来てる人だと思います。
いろいろ話を聞いてみるときっと参考になるでしょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク