今回は、前回の補足をちょっと書きたいと思います。

というのは、前回は、
(運が良くなりたいなら)どんなことがあっても、
良い言葉を使うクセ付けに本気で取り組んでください。
という話をしてきたのですが、

実はもう一つ、副産物の効果として

これをやっていると

   「健康になれる」

という話をし忘れていました。

というのは実際、言葉というものは「力」があります。

(ずいぶん前に「言霊」について話しましたが
 これは知ってても知らなくても、
 言葉には力があるものと思ってください)

そして、良い言葉というのは、良い力があります。

もちろん逆も然りです。

だから、良い言葉を使えば、
まわりに良い影響を与えることはもちろん。
自分自身にも良い影響を与えています。

例えば持病など慢性病を持ってる人の多くは
悪い言葉(不平不満や愚痴、陰口等)を言ってる人が多い様です。

しかし、例え病気を持ってる人でも、
良い言葉(感謝や思いやりの言葉、励ましの言葉等)を
普段から意識しないで普通に使ってる人は、
その病気を感じさせないどころか健康で元気いっぱいに見えます。

何より前者は、しかめっ面か暗い顔をしている人が多く
後者は、笑顔で笑い声が絶えない人が多いのです。

この違いは、もう書いてあるとおり

使っている「言葉次第」なのです。

良い言葉は、実際に自分の体の免疫力を上げます。

病気があるなら、良い言葉は治癒力がかなり上がります。
(これは、私自身の経験からも書いています)

ただし、逆の言葉を使ってると、病気が長引くどころか
いつも、どこか痛いとか辛いとか言ってばかりの
面白くない生活をしていくことになります。
(これも、自分の経験から書いています)

だから、良い言葉を(習慣にする)クセづけする。

という事は、病気を治す事に積極的になる。と同意語です。

また、(自分から意識して)

人生に対して前向きになる。とも言えるでしょう。

だから、普段使っている言葉はとても重要です。

もしあなたが、病気で苦しんでいて、本気で治したい!
と願ってるなら、不平不満や愚痴などの否定的な言葉は
一切やめて、肯定的な言葉、感謝や幸せにつながる言葉を
積極的に使っていかないといけません。

これは強制でもなんでもありませんが、
慢性病などで、いつもどこかが痛いとか辛いとか言ってる人の中で
本気で現状をなんとかしたい!と思ってる人は
強制的でも自分からやっていかないと、
時間ばかり過ぎていき、結局何もせずに終わってしまいます。

ちょっともったいないな。とおもいませんか?


この記事の内容が良いと思われましたら、
下のランキングボタンを押してもらえるとうれしいです。



スポンサーリンク


スポンサーリンク