※これから書く事は、私個人の意見で
 間違ってる可能性があるので、
 そういう意見もあるんだな~という程度で、
 興味がある人は読んでみてください。


現在の世の中のルールは、資本主義、弱肉強食が基本になっています。

自己中心的で、自分さえ良ければ他はどうでも良いというのが
今、世の中を動かしている、ごく一部の裕福層の基本的スタンスです。


だから、弱い立場の人は、いつまでも、どこまでも、
つらい目に、苦しい目に合うように、世界が設定されています。

なので、少しでも、この現実から楽になりたいと願い、
弱い立場の人間ですら、この裕福層にならい、
自己中心的になり、他人はどうでもいいという考え方で行動しています。
いや、(無意識的に)行動している人が多いです。


そういう考え方の人が、世間では、出世しやすいので、
みんながみんな、そういう考え方で生きてきました。


しかし、この資本主義的弱肉強食の考え方は、
自然の摂理という面から見ると、とても無理がある考え方で、
突き詰めていくと、自分で自分を滅ぼす結果になります。


ただ最近は、弱い立場、低い地位の人達の中から
少しずつですが、このやり方では、やっていけないと
分かってきた人が出てきて、今の資本主義的考え方を
変えようと努力される人が、色んなメディアに出てきました。


しかし現実には、テレビを見た感じ、あまり変化がありません。


相変わらず、一部のお金持ちが、マスコミや政治家を通して、
やりたいようにやっているのが、今の日本です。


今回は、日本の電力会社を例としてあげてみようと思います。

日本の電力会社は、
(手口というかやり方を、とてもよく考えているようで)
マスコミをうまく使って、一部のお金もちの思い通りに
世論が動くように、仕向けていっています。


まず、電力会社は、独占企業として成立しています。


日本には独占禁止法というモノがあるのですが、
一、個人の企業にもかかわらず、独占が許されています。


現実的には、地域ごとに、一つの電力会社から電気を買わなければ、
テレビも見れないし、ネットも見れない、家の明かりすらつけられない
のが、今の日本の家庭の現状です。


一部の人の意見で、太陽電池ソーラーシステムなどで、
自然エネルギーを活用すればいいじゃないか?というものがありますが、
国からいくら補助金が出ていようが、ある程度のまとまった金額は必要です。

しかし、かなりの家庭で、その費用が出せません。


生活を切り詰めている家庭もあれば、老人一人住まいで、
新しく何かやるお金が、用意できない年金生活の人も多数居ます。

私が回りを見た感じ、活気がある小売店、
生活雑貨を販売しているお店は、
ディスカウントなどの低価格を前面にだしているお店です。

こういうお店を活用する消費者層は、
少ない給料や年金をやりくりして、
やっと生活している人がとても多いのでは?
と私は思っています。

(私は世間知らずなのですが、小売店を利用しているので、
 どんな人が来ているか、実際に見てきてます)


そういう人に、太陽ソーラーパネルを100万以上出して買え。と言われても
はいそうですか。とは、即答できないでしょう。

100円ならともかく、100万200万かかるものを、
一般家庭の「全て」が買えるわけがないと思います。


しかも、これには寿命があります。


部品の劣化があるので、十数年に1度は、
部品交換を、しなければいけません。
その都度、費用はかかります。


ちょっと調べたのですが、この部品交換の費用が明記してある。
もしくは、分かりやすく目安が書いてあるサイトがありませんでした。
どれも、国や県の補助金で安く見積もり出来ます。という話しかありません。


これプラス、劣化部品は破棄する事になると思いますが、
どういう処理するんでしょうか?完全リサイクルの
システムが出来てるという情報も見かけません。



さて、話をもどしますと、結局、個々人の家庭で、
自然エネルギーの活用をするには限度があり、大多数の家庭では
電力会社で電気を買う方法しか、選択肢が無いという事になります。


選択肢がひとつしかなければ、そこを利用するしかありません。

つまり、その会社の言い値で、料金を支払う事になります。

その請求金額が、いくら不当に高くても、
(日本はアメリカの2倍の料金です)
電気は必要なものなので、絶対に支払わないといけません。


さて、
その支払われたお金を使って、電力会社は、
新聞やテレビなどのマスコミのスポンサーになります。


テレビ局、新聞社に取って、スポンサーは絶対です。
逆らうと、食べていけなくなるからです。


もちろん、スポンサーの意向に反した情報は全てカット。
逆にスポンサーの都合の良い情報、もしくは意図された情報を
どんどんテレビや新聞に載せていきます。

私もたいがい、モノを知らない人間なのですが、
この日本には、私を上回る圧倒的にモノを知らない人もいて
頑なに、テレビや新聞が、100%正しい情報を
言っていると信じて疑わない人が居ます。


つまり、この例で言うなら、
電力会社に踊らされてるという話になるわけです。

資本主義の中でお金というのは、絶対的な力である為、
それを使って、いくらでも
弱い立場の人を丸め込む事が出来るのです。



これは、今の資本主義では、どこでも普通に行われてる現実で、
合法的にも認められており(非合法でももみ消されますし)
現状いくらでも弱者から搾取できるシステムなのです。


だから、社会を知らない、二十歳前後の新社会人の人が、
今の日本の会社に入って、肌でこの現実を感じると、
ストレスが溜まって病気になったりも。。。

会社の先輩方も、いちいち、
今の日本のシステムを分かりやすく説明してはくれません。
心ある先輩なら、教えてくれる場合もあるのですが、
それでも理解に、多少の時間はかかります。


病気などで、会社を辞める人が
今の日本では少なくないとは思うのですが、
仕事の厳しさや、仕事が合わないという原因もありますが、

会社運営の基礎になってる、
この資本主義のシステム自体に無理があるので
ここを変えて行かないと、若い人ほど、また弱い立場や地位の人ほど、
生きていくのが、とてもしんどい事になります。なったままです。


まぁ、こんな世の中ですが、私が出来ることとしたら、
こういう若い人や、弱い立場の人に、カウンセリングして
自分らしい生き方、自分本来の生き方が出来るようにもって行く
アドバイスぐらいしかできません。


本音を言うと、(できるなら、私が生きてる間に)
こういうカウンセリングの仕事が無くなって、
生きやすい世の中になって欲しいと思っています。

スポンサーリンク



スポンサーリンク