例えば、会議などで初めてプレゼンをする時とかは、

実際に初めて経験する事なのでとても緊張すると思うのです。

また、今の時期なら入社式とかでスピーチする人とか
普段とはまた違った雰囲気の中で、数十人とか数百人の前で、
しゃべるとなるとやっぱり緊張するとは思います。

しかし、そこで失敗することを恐れたり、
心配したりする時間があったら、
今すぐしゃべる練習をしてみてください。

というのも、この場合は悩むだけ無駄なんです。

なんせ初めてのことですので、まず失敗するのが当たり前なので。

実際、こういう場面というのは生きていれば結構あります。

とくに会社に勤めていれば、プレゼンを求められる場面や
人前で話す機会は必ずやって来るものなので
逃げたくても逃げられない場合が多いです。

そしてそういう場合は、失敗したらどうしよう?
と心配したり悩み続けているよりかは、
プレゼンならプレゼンの練習を
その時間が来るまでしっかり繰り返しやることです。

基本的にこういった事に対しては、悩んでる時間があったら
その時間を全部練習に使うくらいの気持ちでいなければいけません。

そしてこれはスピーチだけに限った話でもないと思います。

これは大人の人でもたまにいるのですが、
初対面で人と会う時に、妙に緊張したり、
たどたどしい言葉になったり、挙動不審になったりと、
初めて会った時の印象がよくない方がたまにいます。

これが異性と初めて会う場合なら、
少し話が違ってくるかもしれませんが、
これが会社で取引先の人と会う時に
いちいちそんな感じだったとしたら
あまり上司によい印象はもたれないでしょう。

これも上に書いたとおり、慣れるまで練習するしかありません。

そこでもし自分の容姿にコンプレックスがあってそうなるのなら
そのコンプレックスを乗り越えられるように努力するしかありません。

この場合も、自分の容姿に悩んでる時間があるなら、
それを乗り越える努力にその悩んでいる時間の全てを使うのです。

例えば、相手がどう思うだろうか心配する時間があるなら
その心配する余裕が無くなるぐらい、
それを乗り越えるために時間を使うのです。

現実にこれぐらいやらないと、
心配や悩みというのは無くならないものなので
心配したり悩んでしまう事が多い人の場合は
この方法でちょっと頑張ってみてください。

スポンサーリンク