(今回は前回の補足として書きます)

さて、男ばかりの会社で、
女性がそこに入って仕事をする場合は、
いろんなプレッシャーを受けると思います。

今回は、営業職で、男上司と男部下をもつ
女性社員としての話になりますが、こうも
まわりが男ばかりだと、色んな意味で気を使います。

ただ、気後れして仕事が出来ない。
なんて事は、本末転倒なので、女だろうが
なんだろうが仕事はこなさなければいけません。

ここで視点を変えて、上司の立場から
女性部下をどう見てるか?を少し考えてみると、

人によっては、女のくせに生意気だ。と思う人がいます。
(その女性が自分より仕事が出来るとなるとなおさらです)

そういう考えの人は、部下いじめをしてくるかもしれません。

(ただ、私個人の考え方ですが、
 男の会社の中で、色んなプレッシャーに耐えながら
 女性が孤軍奮闘して頑張っている。仕事をしている。
 というだけでも、立派だと考えています。
 私が上司の場合なら、表だっては何も言いませんが
 影でいろいろフォローしたり、部署内で動き易いように
 手回しぐらいはしているかもしれません。)

また、部下から女性上司を見た場合、
やはり、女性の下で働くのは、男上司の下で働くより
変に気を遣い、言いたい事も言えないのでやりにくい。
と、思う人もいるでしょう。

これとは別に、会社の視点から考えてみると、
会社としては、男と同じレベルで仕事をして欲しいと思って
採用したわけではないかもしれません。

女性というのは、結婚退職という事が
どうしてもつきまとってしまいます。

また、会社が男ばかりの職場で求める、女性社員としての働き方は、
会社内での潤滑油的な働きの場合もあります。
(また、会社での花的な立場を欲してたりもします)

この潤滑油的な働きというのは、男と肩を並べて
ガツガツ働いて、男性社員より業績を上げて
男どもを引っ張っていく。という働きではなく、

男上司を陰ながら支え、サポート役に徹して
前に出ず一歩下がっての働き方。を求めている場合が多くあります。

ここで、会社がどちらの働き方を求めているかを自覚していないと
職場の人間関係がギクシャクしたり、変な空気になったりもします。

だから女性社員というのは、男が普通に働くより大変な面があります。

ではどうすれば、この男社会で女性はやっていけるのでしょうか?

それは、幸せな結婚生活をおくっている
夫婦関係を参考にするとわかりやすいと思います。

幸せな家庭を築いている夫婦というのは、
外見上では亭主関白という場合も時にはありますが
ホトンドの場合、家では妻(=女)が実権を握っています。

主導権は、ほぼ必ずと言っていいほど妻(女性)が握っているのです。

ここで突然ですが
(私は男なので)男の特性を書いて見ようと思います。

男というのは「単純です」そして「子供っぽいところがあります」

これに加えて、

「好きな人に褒められたり頼られると
 簡単に有頂天になってしまう動物です」

そこで、賢い女性は、この特性を熟知しているので
うまく活用して、男(夫)を日常の中でコントロールしていきます。

簡単に書くと、要所要所で
「素敵」とか「頼りにしてるわ」と言葉に
気持ちを込めて、夫を褒めたり頼るだけで、
夫である男は、簡単にいい気分になって有頂天になり
妻の言うことならなんでも聞くようになるのです。

つまり、幸せな夫婦生活を送っている家庭というのは、
妻(女)が実権を握り、夫(男)をうまくコントロールして
家庭内を円満な環境に、意識して作り上げている状態を指します。

また、男(夫)の方も実は、女(妻)に
うまく自分をコントロールして欲しいと願っている面があります。

これは意識してない部分、無意識での話なので、
自覚していない人がほとんどだと思いますが、
たぶん、DNAの中にすでにプログラムされてる物だと
わたしは思っています。(つまり本能的な部分の話です)

これを参考に、職場での人間関係に活用していくのです。

ただし、女性からの言葉で「ありがとう」という感謝の言葉は
「かっこいい」とか「素敵」とか「頼りにしてる」という
言葉と比べるとあまり男性の耳には入っていきません。

男は、女性に、褒められたり頼られたりする方が、
よく耳に入り、自信がついてくものなのです。

でも、これを使うには注意が必要です。

自分にその気が無いのに、
何度も何度も褒めたり頼ったりすると、
相手が勝手に勘違いして、相手の中で

あなたが「彼女」になってしまいます。

こういう褒めたり頼ったりという態度や言葉は
女っけの無いモテない男ほど、とても効果がありますが、
その分、諸刃の剣だと考えて慎重に使用してください。

(私も過去、この諸刃の剣を職場で乱用してしまい、
 最後には、背筋が凍る思いを体験しました)

勘違いしやすいモテない男には、たとえ相手に
妻子が居ても、あまり頻繁には使用しないほうがいいでしょう。

もし、ここに書いてある事が、感覚的にわからない場合は
女友達や親友で仕事のやり手や、幸せな夫婦生活をしている人に
ここを読んでもらって、解説してもらってください。
何が書いてあるかわかると思います。

最後になりますが、女性が男社会で活躍するというのは
まだまだ色んな壁やプレッシャーがつきまといます。

私は肯定する立場ですが、人によっては煙たがる人もいるでしょう。

陰ながら応援していますので、頑張ってください。


この記事の内容が良いと思われましたら、
下のランキングボタンを押してもらえるとうれしいです。



スポンサーリンク


スポンサーリンク