前々回は、幸せになる単純な方法論を、
前回は、幸せとはどんなコトなのかを書いてきました。

今回は、日々の日常で幸せでいるには
どういう考え方や行動をすればいいのか、
簡単ですが、書いてみようと思います。


さて、最初は心構えから入ります。

日頃の心構え、いつも自分が頭の中で考える事としては

わたしは「幸せになる」又は「幸せだ」が基本になります。

幸せになろう。とか、幸せになりたい。
と、あなたは今までは考えて来たと思うのですが、
わざわざ時間をかけて、幸せになる必要はありません。

今、幸せになる。と決めてください。(もしくは幸せだと決める)

そして決めてしまえば、

この自分の日頃思っている事が、実現しやくすなってきます。

また「幸せ」に意識を持って行くことで、
自分のまわりに「幸せ」な出来事が起こりやすくなってきます。

そして、今、幸せになる。と決めたら、
副産物として、幸せになりたい。という願望や想い、
幸せになれなかったらどうしよう?という不安が消えていきます。

(こういう、なりたい。という願望では現実にはなれないし、
 どうしよう?という不安は、幸せとは真逆の気持ちなので不要です)

実は、人間というのは、

二つの事を同時に考えることが出来ない動物なのです。

つまり、この「幸せになる」と自分で決めた場合、

今までのように、幸せになりたい。と願ってた時のように、
幸せになりたいけど、本当になれるんだろうか?とか
幸せになれなかったらどうしよう?とか、
自分はいつ幸せになれるんだ?とか

余計な事を考えることがなくなるのです。

これらは、全部時間の無駄です。

幸せになりたいなら、今、なればいい。(本当に単純な事なんです)


では、心構えはこの様にもっていくとして、次は行動です。

日々の生活のなかで、運がよくなる事をしてください。

運がよくなる事は、こことかここに少し書いてみました。

自分でも思いつく事は、やれる事からどんどん行動してみてください。


そして最後に「感謝する」ということを習慣にしてみてください。

これは、何かしてもらった事に感謝するのは当たり前として
何もしてもらわなくても感謝する事を、意識してみてください。

この、何もしてもらってなくても感謝する。
という意味が、最初はわからないかもしれません。

でも、その前に、普通の感謝ですらあまりしていない人がいます。

だから、まず、何かしてもらった時は、
必ず声に出して笑顔で感謝を伝えてください。

これは習慣にしてください。(ここは努力が必要かもしれません)

それが出来てはじめて、
何もしてもらってなくても感謝する。
という事が、出来る様になってきます。

そして、何もしてもらってなくても感謝するという行動は、
実はとても難しい面があります。(文章で書くととても難しくなります)

要点だけ書くと、今あることに感謝する。という事です。

この今あることに感謝する。という話は、また別の機会に書こうと思います。

まずは、何かしてもらったら、
「笑顔で」感謝の気持ちを言葉で伝えてください。
これが出来るだけでも、かなり違ってきます。

以上で簡単ですが、幸せになる考え方や行動の仕方を書きました。
人によっては簡単な事ではないかもしれません。

ただ別の面から見ると、不幸な人は、
上の逆をやっている事に気がついた人がいるかと思います。

さて、いろいろ書いてきましたが、
実際に行動しなければ、この方法で幸せになれるかどうかわかりません。
読むだけ、又は知ってるだけでは、幸せにはなれませんので、
出来れば行動してみてください。


この記事の内容が良いと思われましたら、
下のランキングボタンを押してもらえるとうれしいです。



スポンサーリンク


スポンサーリンク