人の悩みの中のひとつに、「後悔」というものがあります。

これは、大きく分けて、

・やって後悔する場合。
・やらないで後悔する場合。

のふたつに分かれると思います。

私の例を上げてみると

恋愛で人を好きになった時、
私は、ほぼ100%告白してきました。

もちろん私の性格は、人見知りで引っ込み思案です。
今でも気が弱く、自信家に見られた事は、一度もありません。

そんな私が、相手がモテルタイプだろうと、
誰からも好かれるタイプで競争率が高かろうと、
ほぼすべて、告白してきました。

告白には、自分自身の容姿や、性格、地位や、頭のよさは、
ほとんど関係ない事で、まったく考える必要がないからです。

男の場合なら、

相手がどんなに美人でスタイルが良かろうが、
また、とてもかわいい性格で、自分の好みにぴったりだったとしたら、

なおさら、自分を比較して、「こんなぶ男が告白だなんて・・・」とか、
フリーターだとして、相手がトップ企業の最先端の
プロジェクトに取り組んでる、仕事がバリバリ出来る人を好きになったら
自分と比較すると、まったく違う世界の人だと思ってしまい、
告白なんて出来なくなるでしょう。

告白には、こんな思考は必要ありません。

相手の立場や、容姿、頭のよさを、自分と比較する意味が無いのです。

女性の立場から言っても、同じだと思います。

仕事の同僚を好きになった場合とか、
相手が出来る人だったり、仲間うちでとても人気があった場合、
告白するのに躊躇する人が少なくありません。

一緒に仕事をしているので、ふられたらどうしよう?とか、
告白したら、仲間うちで何か言われるんじゃないだろうか?とか、

そもそも、ふられた後、
今と同じ友達関係じゃいられなくなるのでは?とか、

私の様に、自分に自信の無い人ほど、
ふられた時の心配を、一生懸命、頭の中でシミュレートします。

どんな事でもそうですが、

何かをする時、はじめる時に、
失敗を前提に物事を考えて行くと、ほぼ、失敗します。
(予定通りになる。というわけですね)

告白自体は、私は今でも緊張しますし、
度胸が無いので、悩み続けると思います。
しかし、いずれは、やり方はその時その時と違いますが
気持ちを相手に、必ず伝えるようになると思います。

さてここで、なぜ私が告白をほぼ100%してきたか?を説明しますと、

この先1年後でも、2年後でも、10年経っても、20年経っても、
その時必ず、告白「してこなかった」後悔をすると自分は思うからです。

恋愛の思い出は、男もそうですが、
女性は特に、生きてる間はずっと記憶に残ってると思います。

学生の頃、寝てもさめても、思ってた人が、結婚相手なら、
まったく関係のない話かもしれませんが、
別の人と結婚して、これが幸せならまだしも、
生活がシンドイ場合は、
夫婦間がギクシャクしてたり、
あまりうまくいかなかった時ほど、
過去の恋の思い出が出てくるもんだと思います。


あの時、告白していれば、人生が変わってたかも?


と思い悔やむ自分を経験したくないなら、


    今、「告白」する。


のが、未来への解決策になるのです。


私は、告白をしなかった、出来なかった事での後悔が無いので、
そういう意味では、とてもスッキリした毎日を生きていけてます。

上にも書いたのですが、告白自体は、
私は、とても恥ずかしいし、今でも勇気がもてません。
どんな自信家でも、多少はそういう面をもっていると思います。

みんながみんな、そうなのだから、
未来の自分の為にも、


「やらなかった後悔」よりも「やって後悔」を選んでみてください。



最後に、1度だけ、私は好きな人に告白しなかったことがあります。

それは、結納も済ませて、
あとは結婚式をあげる段階まできている人に
対してだけは、わたしは告白しませんでした。

この段階で、告白しても、されたほうが混乱するだけです。
相手の幸せを想うなら、潔く身を引くのが
気持ちのいい対応だと思いました。


もひとつ。

余計な忠告になるやも?ですが、
告白して駄目だったら、その時は、きっぱりあきらめて下さい。

もちろん、時間をあけて、やっぱり好きなら、告白するのはいいのですが
相手が断ってるのに、しつこく食い下がるのは、
男だろうと女だろうと、ほぼ100%嫌われることにつながります。

男だろうと女だろうと、星の数ほど、この地球に存在しているので、
自分を(外見や内面も)磨いていれば、きっと
自分にぴったりの相手があわられますよ。

この記事の内容が良いと思われましたら、
下のランキングボタンを押してもらえるとうれしいです。



スポンサーリンク


スポンサーリンク