今日は、社会的に成功している人について
いろいろ書かれている本を読んできた中で
結局、どうやったら、成功できるのか?
を、ある角度から書いてみようと思います。


さて、突然ですが、

成功している人は、無駄なことに時間を使いません。


例え、不平不満や愚痴を言ってる暇があったとしても、

そんな事には目もくれず、

「やりたい事」や「やるべき事」に、全力で取り組んできたから

「今の成功があるのだ」と成功者は意識しなくても心の隅にあるはずです。


にも書いたとおり、

成功者は、嫌な事があっても、腹いせしたり仕返しもしません。

ついでに、競争相手の足の引っ張り合いもしません。


これは、他人の足を引っ張る時間があるなら、

今、目の前にある仕事を片付けた方が

競争相手より早く成功できる事を体感的に知っているからです。


ただ逆に、失敗ばかりする人や、

成功に後一歩の所で挫折したり、負けたりする人などは、

不平不満や愚痴、他人の足を引っ張り合いに、

(少なからず)時間を使っているんじゃないか?と私は思います。


ちょっと別の話になりますが、ストレス発散に

部下いじめをする人が、たまにいます。


ただ、そういう人は、

成功している人は「絶対に」部下いじめをしない。

という事を知らないか、

成功する気がないかのどちらかだと私は思ってます。


成功している人達は、まわりの人達の助けがあって、

      「今の成功があるのだ」

ということを自覚し、肝に銘じています。


自分を助けてくれる部下を褒めたり、感謝する事はあっても、

いじめる事は、絶対にしません。(ミスを叱ることはありますが)


だから、部下いじめも、成功には必要のない行動のひとつになります。


そして、これら成功に不要な要素や時間を極力無くして

「今」目の前にあるモノに全力投球しているのが成功者なのです。


ここを読んでるあなたはどうですか?

成功している人と同じ行動が多いですか?

それとも、いつも失敗している人の行動が多いですか?



この記事の内容が良いと思われましたら、
下のランキングボタンを押してもらえるとうれしいです。



スポンサーリンク


スポンサーリンク