今日は、
まだ、一度もお会いしたことがありませんが、
本やCDからのお話を聞いて、自分のイメージ像の中での
斎藤一人さんがどんな人なのか?を書いてみようと思います。


では、書いていきます。

イメージとしては斎藤さんは、相当の苦労人です。

まずひとつは、子供の頃から体が弱く
何度も「今回はダメでしょう」と医師の人に
言われるぐらいの病気をされてきた方です。
(ご本人が話されていました)

しかし、その都度、生還されてきました。

そこで医者から「今回はダメだ」と言われる程の病気とは
どんなものだろう?と自分で考えてみましたが
相当辛かっただろうと思います。
(死ぬほど辛かったのでは。と思います)

それを生還したということは
何度も辛い病気を乗り越えた人という事になります。

しかし、
斎藤さんの話を聞いていると、
自分の病気を微塵も感じさせません。

いつもひょうひょうとしていて、
人生を心底楽しんでいる感じすらします。

また、斎藤さんは、
まるかんの社長なのですが、
このまるかんは、漢方薬の会社です。

この会社が出来たきっかけも、
斎藤さんが体が弱いから。という理由があるからです。

さて、この会社の社長である斎藤さんは
今、会社でばりばり仕事をしているのか?
というと、そうでもなく、そんなに会社には行かないそうです。

ただ、毎日行かなくても、
過去、納税者番付で日本一に何度もなっています。

つまり、会社で働かない社長でも
従業員がたった5人しかいない会社でも、
更に、PCが使えないので、ネットが出来なくても
日本でトップクラスの売上をたたき出している人がこの

「斎藤一人」さん

となります。

斎藤さんの話している事を聞いていると、
病気で本気で苦しんだ人しかわからない話をされる事があります。

本気で病気の人を気遣って話されているのが
声の調子や話し方でよく伝わってくるのです。

プラス

斎藤さんは、会社の社長であり経営者なので、
同じ会社の社長に向けてのアドバイスや、
働いている人に向けて、いろんなお話をされます。

このお話を真剣に聞いてみると、
仕事で本当に苦労してきた人でしか
話せない事をたくさん聞くことができます。

また、今ネットで、
人生に挫折してしまってる人や病気で苦しんでいる人
仕事で悩んでたり、人間関係に悩んでる人向けに
いろんな話をされているのを、聞く事ができますが

そのどれもが、冗談を言って笑わせてる中にも、
相手を思いやる心配りがされています。

この種の気遣いは、
本当に苦労してきた人でしか出せないものです。

特に、仕事面では、相当苦労されている感じがします。

また、その苦労されてる人達を沢山見てこられているようです。

そうじゃないと、話せない話をいっぱいされています。

ただ思うに、これを気づけない人は、
まだ本気で仕事をしてないかもしれません。

そして、自分も本当の意味では
気付けていないのでまだまだですが、
斎藤さんの人生が、かなり大変だったのがよくわかります。

さて、話をころっと変えてしまいます。

この斎藤さんのお話の中には、仕事や病気治し以外にも
精神世界の話をたくさんされています。

人の生死や、霊や神様の話もあります。

ほんと、神様の話はよく出てきます。

ただ、こういう話を聞くと

知らない人は勘違いされやすいので書きますが、

「斎藤一人さんは、宗教はやっていません」

お弟子さん(仲間)はいらっしゃいますが、信者はいません。

納税者番付トップに乗るぐらいなので、お金ならいくらでもお持ちです。

だから、お布施なんて必要ありません。

また、税金を日本一納めてきたので、

税金を払う必要のない宗教であるはずもありません。

だから、

「斎藤一人さんは、宗教家でもなんでもありません」

斎藤さんは「商人」であり仕事人です。

以上が、私のイメージでの斎藤一人さん像です。


この記事の内容が良いと思われましたら、
下のランキングボタンを押してもらえるとうれしいです。



スポンサーリンク


スポンサーリンク