断食について。

普通に生活していれば、いろいろ悩みや問題が出てくるものですが、
悩みによっては、最終的に体力勝負な場面もあります。

しかし意外と、日頃の不摂生や運動不足により、体力勝負で根を上げて、
うまく悩みが解決しない場合も、多々あるのではないでしょうか。

つまり、普通に生活していたら、どうしても自分に甘えて
不摂生や運動不足になりがちになってしまうのが、
今の現代人だと思うのです。

これをそのままにしていると、
生活習慣病や深刻な病気になったりもします。

そもそも私達は、普段何を食べているのか知りません。
いや正確には、加工品など、すぐに食べれる様になってるものを
買ってきて食べたりしますが、それがどの様に加工されて
どんな食品添加物が入っているのか、詳細までは知りません。
(パックに表示されてるから安心という人は認識が甘いと思います)

こういう食品添加物は、体に悪いのはもちろんですが、
これに更に、病気の人は、薬を服用します。

体に悪いものを食べて、更に『毒』(薬)を飲むのです。

(説明を書かなくてもいいと思うのですが、知らない人へ
 一般的に、病院からもらった薬というのは毒物です)

この状態を続けて、健康人間になれたら奇跡だと思うのですが、
でも、病気が薬で治る人もいます。
しかし、薬で、いっときは良くなっても、年をとると、
体に負担をかけてきた分、ガタが来るのも早くなります。

薬を飲まなくても、加工品、食品添加物を毎日食べてる人は、
花粉症などのアレルギーになってる人が少なからずいます。

そこで、体に悪いものを溜め込んでる状態をリセットする為に
『断食』というものを、おすすめしたいと思います。

しかし、『断食』と言っても、いろんな種類、パターンがあります。
水しか飲まないで、何日も何週間もやる断食もあれば、
一日だけ、食べ物を取らない。とか、くだものだけの食事を続けるとか。

いろんなやり方があります。

ただ、注意して欲しいのは、この中の本断食です。

本断食というのは、3日以上水だけの断食です。

これを、(断食の知識は本など読んで多少はあるけど)
初めての人がひとりでやった場合、ほぼ、100%失敗します。

また、病気の人が初めてやった場合は、死ぬ可能性があります。

実際、断食で命を落とした人は沢山います。(あまり表にでませんが)

安易に本断食だけはしないでください。
特に病気の人は、急激に症状が悪化して
文字通り、「病院送り」になる可能性が高いです。

初めての人は、断食道場に入るか、
病院の先生など応急処置が可能な人の下で
24時間全て管理されてる状態で断食してください。

今回は、ここだけ知ってもらって、
次からは断食をやった時の話を書いていこうと思います。