みなさんは他人に対して、どういう風に接していますか?

友達とか気心のしれた仲間内では、
自分が作った軽い冗談や、突拍子のない行動を披露したりと、
親友の笑いを取ったり、逆に不意打ちで笑わされたりと、
楽しくコミュニケーションが取れてると思います。

私の学生の頃は、個性的で・・・
(・・・わかりました。正直に書きます)
天然色が強くて、独特な癖があり、空気が読めない
バカな事ばかりやって、大変失笑を買っていました。

ただ、そういうばかっぽい自分の個性を見てか、
それを異様に心配する人が近くに一人いまして、
いつも、心配ばかりしていました。

何かあれば、これは危ない。とか、
これはいけない。こうなったらどうするんだ?
などなど、まず、何をするのも心配するのが
その人の癖のようでした。

(さてここで、唐突ですが願望実現の話をはじめます)

願望実現の方法は、簡単に言うと、

   「成功を信じる」

   「確信を持つ」

これだけです。

これは、周りの人がどんなに、
「 あの人は成功する。100%間違いない。」
と評価していても

当の本人が成功を微塵も信じられず確信が無ければ、
どんなに良い条件でも必ず失敗に終わる。という話です。

こういう話は、日常でもたまにあるので
信じる事や確信が成功には重要だ。
という事は皆さんもご存知のはずです。

これの対処としては、

・信じられなければ信じれるまで勉強する、仕事をする。技を磨く。

・確信がもてなければ、確信がもてるまで、人一倍に頑張る。

ことで、願望実現に、一歩ずつ進むことができます。

また、願望実現には、言葉に出して言うのがとても有効です。

もちろん、同時に願望を書き出すのもとても有効で、
どちらも実行すれば、かなり実現しやすくなります。

前も書きましたが、言葉にする。という事は、
想ってるだけより、かなり強力な力があるのです。

(さて、ここで話をもどします。)

ここから、タイトルにある「心配をする事」の意味を解説してみます。

「心配する」というのは、一見、「相手を想いやる」とも受け取れます。

しかしこれは、ある一面を見て言ってるだけにすぎません。

確かに、言ってる本人は「心配する事」で、
相手を想いやってると思ってるのですが
実は、この行為自体は、その人の自己満足を満たす以外は、
これといった良い効果はありません。

これはどういうことかと言うと、

心配する。ということはイコール、相手の能力を疑う事。につながるからです。

つまり言い換えると、その人が何かをやろうとした時、

 <失敗する> もしくは <その人が出来ない>

と思っているから、「 心配する 」とも言えるのです。

失敗もしなければ、出来ないとも思わない。

 <絶対に成功するし、やりとげる!>

と、その人が本気で思っていたら、心配なんてしませんよね?

心配というのは結局、「失敗」を「前提」にした場合の言動なのです。

という事は「 相手を、まったく信じていない。」とも言い換えれます。

本当に信じていたら、失敗を前提に考えたりしません。よね?

だから、「心配する」という事は、

相手に対して、とても失礼な事を言う事になり、さらに実際には、

心配する = あたには、それはできないと私は思っています

と言葉の裏では言ってしまってるので言われた本人も不安になります。

<文章にしてみると、本当に失礼な話だと思います>

さて、ここで願望実現の話から、すこしもってきます。

言葉にすると願望実現がしやすい。と書きました。

そうです。 

心配も、言葉にすれば、実際に起きるのです。

つまり、ここでの願望実現というのは、心配したとおり、

「あなたには、それができません」が実現するのです。

ひどい話だと思いませんか?

この願望実現の原理を知らない人が、良かれと思って、
平気で「心配事」をぺらぺらしゃべるのです。

こんな人が近くにいたら、たまりませんよね!?

みなさんも、そう思うはず!

スポンサーリンク


その人というのはまあ、
うちの母のことなんですけどね。