と、タイトルで書いてみましたが、
これは難しく考える必要はありません。

要は、不安てどこからくるのかな?
と、みんな考えた事があるのかな~と
単純に思ったので、ちょっと書いてみた。
というだけの話です。

(ここから私の個人的な考えを書いていくのですが)

結局、不安というのは、恐怖から来ています。

では、恐怖ってなんだろう?

と考えた場合、最終的には生死に関わる事や、
肉体的な苦痛、もしくは、精神的な苦痛に関わる事。
だと思うのです。

これを何か簡単な事で例えとして出してみると
どんなものがあるかな~と考えてみたら、
世間にたくさんありました。

例えば、商売です。

お客さんに商品を買ってもらう。としましょう。

例えばダイエット商品。

私みたいな経験の浅いものでも
簡単にこういう商品は売ることが出来ます。

やり方は、

(特に太ってる)女性に、夏に海に行く時に、
水着(特にビキニ系)が着たいなら、
今から痩せないと間に合いませんよ。

と伝えます。

太ってる人は特に目立つ話なのですが
胸よりお腹が出ていたりなんかしていたら、
とてもじゃないけど、
若い女性ほど見られたものではないはずです。

だから、今のうちにこの
ダイエットの薬やサプリで痩せましょう。

と、お客さんにおすすめしたりします。

これは、その女性の男にモテたいという願望を煽り、
モテなかったらどうしよう?という不安を意識させ、
太った惨めな水着姿をイメージさせ恐怖を思い起こさせる手法です。

まあ、こんなうがった話は、例え話です。

でも、こういう事は、どこでも行われているし、
実際これをすれば、商品が飛ぶように売れると思います。

人の恐怖を煽り、ものを売るのは簡単です。

これとは別の種類だと、宗教がありますね。

宗教では、どこでも病気が治った。という話をよく聞きます。

実際、自分も経験があるので、事実だと思います。

しかし、どこの宗教も、お布施という名目でお金がかかるし、
お金が無ければ、奉仕として、自分の体と時間を使って何かします。

更に、一度、入信した人がやめないように、
(一部の宗教では)
ここをやめたら、地獄に堕ちる。または、以前の様に不幸になる。
と何度も言って、潜在意識にすり込む所もあり、
いざ、いざこざがあっても、恐怖でやめるにやめれない!
という人は、あまり知られてませんが、かなりたくさんいます。

で、

効果があるかわからない&使いもしない、
無茶苦茶高い護符や聖なるつぼとか買わされる。

というわけです。

これらを見ても、

人は、恐怖から逃れたいなら、いくらでもお金を出す。

と言えると思います。

(ただ、自分も書いてて、嫌な言い方だ。
 とは思いますが、実際に、
 どこにでも見かける事なので書いています)

そして、テレビを見ていると、

この手法がとてもよく使われているのです。

だから、ニュースとかは特に、

見てると運を落とすから見ないほうがいい。

と何度も言ってきましたが、こういう不安や恐怖を煽って、

何かを買わせようとか、お金を出させよう。

という目的が結構あります。

だから、悲惨な事故や事件は見ないほうがいいし、

特に、病気関係は気をつけるといいでしょう。

特集まで組んでテレビでやってる事が多いのですが、

不安を煽って、健康診断とか行くように勧めたり、

医者に見てもらうように、

いろんな症状を例えとして上げてる番組はいくらでもあります。

で、健康診断に毎年行ったら、結局、ガンになっちゃった。

という変な話になるのです。(この理由はここに書きました)

今の医療関係は、健康な人に病名を付けることが仕事で、

更に、寝てれば治る病気ですら

悪化&慢性化させる事が非常に多いので、

なんでもかんでも、テレビを信じきって、サプリや薬を買いあさったり

病院に通院するのは、あまりおすすめできない話です。

この様に、

世の中は、あまりにも不安を押し付ける場面が多すぎます。

これだけ周りが不安だらけなら、影響を受けない方が難しい。

だから、「自分で」その不安や恐怖がどこからくるのか?

本当のところを調べてみてください。

これは、その人その人が、

個人的に勉強しないとわからない分野なんです。


この記事の内容が良いと思われましたら、
下のランキングボタンを押してもらえるとうれしいです。



スポンサーリンク


スポンサーリンク