(これは、自分用のメモです)

熱中症は、日頃健康で、スポーツをバリバリしている人でも
その日の体調や、睡眠時間、またその時の気分によっても
かかる場合があります。

まず、予防の一つに睡眠。

夏の熱帯夜は、寝たつもりでも、
ぐっすりは寝れないものです。
自分なりの工夫をして、昼の休憩時間でも
夏の間は少しでも寝れるなら、寝た方がいいです。

次に、食べ物。

季節の野菜や果物を、生で食べましょう。

夏に出来る野菜や果物は、体を冷やすと言われています。
できるなら食事自体、朝と昼は控えめにして、
お腹を空かす様にもっていけば、
満腹でさらに暑さで気分が悪くなる。という事は避けれます。

できるだけ生で、できるなら空腹時に食べると効果が高いです。
(食事の30分前に食べるのがおすすめの食べ方です)

こういう食べ物で、夏期は身体から熱が外にでる体質になります。

もちろん、水分補給は必須です。

ただ、一気に何リットル。という飲み方ではなく、
30分か1時間置きに、コップ半分ぐらいの水を、
ちびちびと口に含む感じがベスト。

あと、女性は貧血に気をつけてください。

食べ物では夏の食卓に「ひじきまめ」をおすすめします。

ひじきは、鉄分が海藻類ではトップクラスの保有量です。

貧血の人は、熱中症になりやすいとも私は思っています。
血の気が多い人は、めまいや気が遠くなる瞬間とかありませんが
貧血の人は、いきなり倒れて大怪我する事があるかもしれません。

最後に、ちょっと調子が悪いなとか疲れてる時に注意したほうがいいのが

蒸し暑い夜とかに、トイレで大をする時です。

つい最近、地元のラジオでも、言ってたのですが、
夜、大の方を頑張ってし終わった時、立ちくらみがして
後、気がついたら病院だった。という話を聞きました。

私の名前を度々間違えられて、こう読まれるので
この話題はあまりしたくないのですが

うんこをする時は注意です。 ( ´ ▽ ` ) 気をつけてください

スポンサーリンク



スポンサーリンク