今回の話は、急性の病気で、
即、対処が必要な病気での話ではありません。

病院に行っても、慢性病でなかなか治らないものや、
生涯付き合っていかないいといけない病気など。

または、体調があまり良く無くイライラしっぱなし。

という感じの時の対処法を今回は書こうと思います。

では、書いていきますが、

この状態の対処法は実は、

     「神との対話」

という本に書いてありました。

この本を読まれた事があったなら、ああ、あの話か。

と気づかれると思います。

(マスターについて書かれていた話です)

さて、実際、病気で辛い状態になって、

その病気の対処は終わっているが、

痛みや辛さがいつまでも残ってる状態で、

ずっとイライラしてしまう自分になったとしましょう。

この対処法は、

自分の病気に関することは、

「何も言わないで」じっと我慢する。

という事になります。

例えば、現在の医療で、例えできる限りの事をやったとしても、

「痛みや辛さが取り除けない状態」

という場面はいくらでもあると思うのです。

そういう時は、もう、何も言わないで、

じっと我慢するしか結局のところは手がないのです。

そして、自分自身の経験から書くのですが、

「痛い」とか「辛い」とか、誰かに言ったところで、

言った瞬間に、その痛みや辛さが

消えてなくなる事は、まずありません。

更に、辛さから逃れたいが為に、

「誰かに八つ当たり」

したところで、その病気が長引くことはあっても、

「絶対」に、早く治ることは、万が一にもありません。

これは、本でも読んできた知識の中にもありましたし、

自分の体験でも、実際、このとおりになったので、

はっきり答えられます。

逆に、他人に言えば言うほど、

その痛みや辛さの存在を大きくしてしまう様で、

更につらさに負けて、他人に八つ当たりをする人がいます。

そう言う人は、倍返しにあいます。

つまり、他人に非がない事に対して難癖つけるような事をすればするほど、

病気が長引く&重くなる。もしくは、

他にも運が悪いことが、自分の身に起きてしまうようです。

(これらも自分の経験から書いています)

だから、こうなりたくなかったら、

痛くても、つらくても、じっと我慢して、言葉にしない。

ことが一番なのです。

ただ、こういう事を知っていても、

人というのは病気等で気が弱くなると、

愚痴を言ってみたくもなるし、弱音も吐きたくなる。

更に、他人にあたって憂さ晴らしをしたくなるのものです。

これらは(ご存知のとおり)

全部「運がよくなる事」とは真反対の行動です。

もし、つらい毎日を生きていかないといけない状況になってしまったら

この事を、思い出してみてください。

我慢して沈黙さえしていれば、

少なくとも、その病気が長引くことは無くなると思います。


この記事の内容が良いと思われましたら、
下のランキングボタンを押してもらえるとうれしいです。



スポンサーリンク


スポンサーリンク