今日は、大腸が、どんな働きをしているのか、
腸が不調になると、どんな病気になる可能性があるか、
また、大腸からくる病気の治し方について
いろいろ詳しく書かれてある本を読んだので、
その感想を書こうと思います。

さて、私自身、この本を読んで思ったことは
本の半分位は、個人的にも知ってる内容かな?
と気づいたことです。

ただ、大腸のどの部分が、
人の体のどの部分と密接な関係があって、
便秘等でその部分に便が溜まると、
身体にどの様に影響があるのか?
までは、細かく知らなかったので、
とても参考になりました。

さて、この本を簡単に説明すると、
・大腸の働きや重要性について
・大腸からくる病気や症状について
・その改善方法が書かれています。

そして、この本に度々書かれていたのですが
大腸をしっかり整え、便秘を完全に解消するだけで
かなりの病気が治る(改善する)ようです。

特に女性で、今、何かの病気で悩んでる方がいたら
まず、この本に書いてあるとおり大腸をキレイにする事から
考えた方がいいかもしれません。

この本を読んでいくと、(多種多様の病気の)
今、つらい症状で悩んでいる原因が、
大腸の汚れから(便秘から)来ている可能性が
高い事が良くわかります。

(再度書きますが)
本の中には、大腸の中の便秘の部位ごとに
どんな病気や症状が出てくるか?が図解で載っていて
更に本文で体の器官ごとにひとつひとつ説明されています。

だから、自分の症状や病気が
どの部位の便秘から来るかがわかるので
無知からくる不安に恐れる事もなく
安心して対処、改善する事が可能になるのでは?と感じました。
(ただし、過信は厳禁なので、自己責任でお願いします)

また、花粉症についても大腸から来る
パターンがあるとも書いてありました。

これは、神谷弘実さんの病気にならない生き方にも
大腸が原因の花粉症の疑いの話を読んでたので
そういう可能性も確かにありそうです。

他には、女性、
特に若い女性ほど気になる情報としては
乳がんについての話です。

乳がんとわかると切除がセットになる事が少なくないのですが
若い女性ほど、胸の切除は抵抗があるはずです。

この胸のしこりが悪性の場合でさえも
この本の大腸の改善方法で、多くの人が事無きを得た。
と書いてありました。

つまり、胸を取らなくても、
改善する可能性がある。

という事実は、女性にとっては
とても嬉しい話ではないでしょうか。

本の中では、胸どころか体中にしこりが出来てしまい
明日には検査の為、手術台に乗ることになっていた
女性の話がありました。

その女性は、その事実がわかると
夜逃げ同然に病院を抜け出し
著者に相談したそうです。

そして、著者のアドバイス通りにやった結果、
体中のしこりが消えたそうです。

これは一例ですし、万人に100%効果があるとは書いてません。
しかし、希望が持てると個人的に思いました。

(こう見るとこの本は、一般の人よりも
 医療現場で働いてる人向きの本かもしれませんね)

ただ、本の中には一部、
大腸とはあまり関係なさそうな
扁桃腺についての話が書いてありました。

私は知らなかったのですが、
安易に扁桃腺を取ると
日常生活にかなり影響が出ることが
数例の実例を交えて書かれていました。

これを知らずに取ってしまうと、
生きる事自体が相当大変になりそうです。
(ただし、対処法も書かれていたので救いはありました)

と、いろいろ感想を書いてきましたが
素人の私でも図解入りだったので
理解し易かったです。

ただ、本の内容は、一般の西洋医学にそった内容ですが、
一部、波動医学に基づいて書かれている文章もあるので
この波動医学がどんなものなのか?
を多少でも知っていると、より理解できるかと思います。


著者 ノーマン・ウォーカー 
初版 2011.11.30 

(右の本も同著者なので合わせておすすめしたい本です)

スポンサーリンク