今回の内容は、ある本を読んで
個人的に感じた話を書いていこうと思います。

ただ、このある本は、
一般的な本(常識的な本)とは
全くタイプが違う本なので(今回に限っては)
「おすすめ」としては紹介しないでおこうと思います。

さて、その本なのですが、
簡単に説明すると、五次元について書かれた本です。
別の言い方をすると物理に関係した内容の本です。

ただ、面白いのが、
この本の中に出てくるkoro先生が
いろんな実験をしてきたお話をされてるのですが
そのどれもが、常識はずれの事ばかり。
なのです。

例えば、
太陽の下で干からびるぐらいに野ざらしにした金魚を
ある機械にセットされてた水に入れると蘇生したりとか、
もっとエスカレートすると、その水を自分にも使用して
死の淵から生還して来たという話までありました。

他にはある機械で、脳血栓を薬も手術も無しで治したとか。

ただ、ここら辺はまだ、簡単な部類の話です。

もう少し難しい話になると、
私達の住んでいる地球の構造の話、
身近なところでは、地震について書かれてありましたが
koro先生は、気象庁よりも
はるかに正確に地震予測が出来ていたそうです。

そして地震そのものについても書かれていましたが
まだ、このあたりは、普通に理解出来る分野です。

しかし、ここから先になると、
地球が二重構造(次元が違う場所がある)になっている話とか
宇宙空間について、また、太陽とはなんなのか。
宇宙全体はどういう構造になっているのか。などなど、

どんどん物理の専門分野に入っていきます。

そして、ここまで来ると、
さっぱり私は理解できなくなってきます。

結局、どんな分野も
基礎から、一歩ずつ階段を登っていかないと、
重要で大事なところは、理解出来ないものだなぁ。
とこの本を読んで思った次第です。

これは、私たちが普段生活している日常でも一緒で、
ある程度、世間の事を体験(勉強)していないと、

「親の苦労子知らず」

のことわざ通りに、未熟なまま
大人になってしまう事がある。
という話と一緒な感じがします。

さて、この本は読んでると面白いのですが、
肝になる「5次元の知識」を私は持っていないので
結局、何が書いてあるのかよくわかりませんでした。

ただ、ひとつ。

私たちの生活にも活用できそうな話があったので書きます。

それは、個人個人の悩みについての話です。

本の中のkoro先生が言うには、

落ち込んだ時に、とっておきな方法があるそうです。

それはどうするのかというと、

「何もかも放っておいて寝てしまう」といいらしいです。

これは別の言い方をすると、運命に委ねる。

運命にお任せする。という感じでしょうか。

ほんと、単純にこれだけです。

ただ、これ以上説明するとかなり長くなるので
この本を実際に読んで理解した方が早いのですが、
ちょっと難しいかもしれないので、こういう話もありますよ。
という程度で頭の隅にでもおいておいてもらえたら嬉しいです。

結論としては、(天才以外の)
凡人は地道に努力する事が一番で確実なようだ。
と、この本を読んで思いました。


この記事の内容が良いと思われましたら、
下のランキングボタンを押してもらえるとうれしいです。



スポンサーリンク


スポンサーリンク