例えば、いくら会社での人間関係を良くしたいからといって
人に喜んで貰えるような事を積極的にするようにしても、
また、いくら運が良くなりたいからといって、
運が下がるような事を止めて、運が良くなるような行動を
積極的にしていくようになったとしても、

たった1回のミス、1回の自分の感情のコントロールミスで
これら全てが台無しになってしまう事が現実にはあるようです。

実際、こうならないように
自分の感情には特に注意していきたい所なのですが、

これが、普段の食事の内容によって、
自分の感情がコントロールできるか出来ないかが
変わってくるという話は、皆さんご存知でしたか?

例えば、ここにお肉が大好きな人が居るとします。

特に豚肉が好きな人だった場合は、普段から食べていると
「闘争心」が身につくようになります。

これは、格闘家で飯を食ってる人なら、特に必要だと思いますし、
自分の会社を大きくしたいという野望を持ってる人なら
闘争心がない事には、始まらないと思います。

また、豚肉に限らず、お肉は菜食主義の人なら兎も角
普通の人でも適量は食べたほうが良いと私自身も思っています。

ただし、これを食べ過ぎて
しかもあまり運動しない人の場合だと
お肉というのは害になります。

例えば一番わかり易いのが、肉は好きでも運動をあまりしないから
体に脂肪がついてしまって、必要以上に太ってしまってる人。
まあ誰が見ても、あまりよいという印象は無いと思います。

そしてこれにプラスして、甘いものがすきな人って居ますよね。

いや、別に、時々甘いものが欲しくなる人が
甘いものを食べるのが絶対に悪いと
いってるわけではありません。

実は、ご飯を毎日3食食べてる人なら、
(1日分の糖質の摂取量は満たされるので)
甘いもの=糖分を取る必要はないのですが、
まあ、誰だって、疲れた時には甘いもの、
たとえばチョコレートとか欲しくなると思うのです。

ただ、ほんとたまにならいいのですが、
これを毎日、多量に食べてる人の場合は要注意なんです。

例えば、甘いものが好きで、あまり運動をしない人。

こういう人も、お肉が好きな人と同じ様に太りやすくなります。

そして、甘いもを食べ過ぎてる人が、
たまに甘いものを食べないようにしてると
イライラしたりしてくるですよね。

また、甘いものを食べ過ぎてると忍耐力が弱まる気もします。

例えば、甘いものばかり食べてる人の場合短気になりやすいとか。

そして、最初に書いたお肉を食べ過ぎる人と
この甘いものを食べすぎてる人で、運動をあまりせず
必要以上に体重が重すぎる人の場合だと、

闘争心にイライラが加わって、
短気になりやすく、直ぐに人に噛み付くタイプの人に
実際になってしまう場合があるのです。

そしてこのタイプの人は、どこに行っても、
人間関係でうまくやっていけない事が多くなってきます。

まあ考えても見てください。

仕事の合間にちょっと冗談を言ったつもりが、
その冗談の細かい部分ですぐにあげ足を取ったり、
少し気に入らないからといって
いつも噛み付いてくる人が居たとしたら、
その人の前ではおちおち冗談も言えません。

また、いつもイライラして腹を立てている人には、
自分の上司でもない限り、自分から近づきたいとは
思わないのが普通だと思うのです。

まあ、お肉を食べてる人や甘いものが好きな人の全てが
こういうタイプの人だというわけではありませんが、
こういった食べ物で自ら自分の人生を困難な方に
困難な方にへと導いている人もいるので
今日はちょっと書いてみました。

実際、自分の人生がうまくいってないと感じられてる方がいましたら
食べ物が偏りすぎてないか?運動をあまりしてないのではないか?
をチェックされてみるのもいいかもしれません。

 

スポンサーリンク