自分の思い通りに、生きていくにはどうすればいい?

この疑問は、願望実現系の本を読んでいると
ときどき出てくる話題だったりするのですが
この系統の本を読んだことがない人は
もしかすると気づいてない人もいると思うので
今日はこの話をちょっと書いていこうと思います。

さて、何か上手くいかない事が続いたり
失敗ばかりして人に迷惑をかけてる人がよく考える事だと思うのですが

自分はナゼ思い通りにやっていけないんだろう?(生きていけないんだろう?)

と考える人が結構います。

私自身もよく失敗して
他人に迷惑をかけて来たクチなので
その人の気持ちはよくわかります。

ただ私も当時、ナゼこうも思い通りにいかないのか?

の理由がわかりませんでした。

しかし、いろいろ経験を重ね勉強をしていくと少しわかってきました。

はじめに答えを書いてしまうと、

実はもう、自分は思い通りの人生を歩んでいる。という事なのです。

これはどういう事かというと、

その人の考えてる事(想い)というのは、
実際、意識していようがしていまいが
その人の人生に強烈に作用します。

つまり、日頃自分の思ってる事が、

日常で必ず表現されていく(具現化、実体化されていく)のです。

ここで問題なのが、意識してない部分がとても重要で
自分の思い通りにいかない事の多くは、
意識して無い部分の想いからくる
パターンも少なくないのです。

例えば、ある人を説得するとします。

その人は頑固で自分の意見を変えない人だと自分でもわかってます。

そうすると無意識のうちに、この人は説得できない。

と勝手に頭の中で考えてしまうことがあります。

もちろん、意識してないので自覚はありません。(自分ではわからないのです)

そして、この無意識の考えが信念に近くなれば近くなるほど

どうやっても、その人を自分は説得出来なくなってしまうのです。

これを恋愛で例えてみると

かっこいい人がいます。(美人でモテる人でもOKです)

その人は、周りのみんなが口を揃えてつき合いたい相手だと言ってるとします。

もちろん、その人達の中には、

自分の容姿では絶対に勝てないぐらいの美人で

スタイルが良い人もいるとします。

そしてさらに、その人に自分は劣等感を感じてるとしましょう。

例えば「勝てる気がしない」といつも思ってる。

そうするとどうでしょう?

自分にそのかっこいい人とうまい具合に会話のチャンスが巡ってきて、

ふたりっきりになり、いい雰囲気になった時。

たとえ相手もその気がありそうな感じがしても、

多くの場合、告白しないで終わるか、

例え告白しても上手くいかなかったりするパターンを経験すると思います。

これは何故なのでしょうか。

確かに、告白するには勇気がいります。

もちろん、気が弱い人だと難しいとは思いますが、

でも、相手に本気なら無理にでも言葉にするはずです。

でも、なら、告白した人は、なぜ失敗するのでしょうか?

それは日頃から、相手の人は高嶺の花で、自分よりもっと上の人だと思い込み、

自分とは不釣合だといつも考えてたり、また、周りの人の方が

自分より美人だから、相手も絶対にそっちの方が好きに違いない。

と自分で勝手に考えてたり「信じて」たりするからです。

この自分の容姿に劣等感がある人は、

人と話す時に自分のペースでしゃべれない事があります。

そして好きな人と話す時は、

しゃべっていても、頭の中でいろんな事を考えてしまい

うまくしゃべれない事も多いのですが、

自分に劣等感があると輪をかけてうまくしゃべれません。

と、こうなると、告白どころではないですよね。


このように、常日頃、自分が思ってる事が、

勝負時(ここでは告白ですが)

素直に確実に出てきてしまうのが人間なのです。

だから

思い通りに生きるにはどうしたらいい?

と考えるのはちょっと違っていて、

今は思い通りに生きてるのだから、この失敗や辛い思いをしたくないなら

「自分はこれからどう考えて行動すればいいか?」

を真剣に考えることの方が筋だと私は思っています。

ちょっとわかりにくかったかもしれませんがまとめてみました。

参考になれば幸いです。


スポンサーリンク