今日は、

斎藤一人

楽しい奇跡がたくさん起きる

「自分ほめ」の魔法

著者 みっちゃん先生
出版 PHP研究所

を読んでの感想を書いて行こうと思います。


さて

この本を読み始めて最初に思った事があるのですが
この本は、小学生が読んでもわかり易いほど
難しい事を簡単に噛み砕いて書かれた本だと
わたし個人は感じました。

ざっと内容をここに書いてみると
・うつ状態の人の改善方法。
・女性にとっては死活問題かもしれないお肌の改善方法。
・脳の仕組み。& そのコントロールの仕方。
・失敗ばかりの日々だとして、その事の意味と改善方法。
・運とは何か?縁とかタイミングの良さについて。
・自分の自信の無さの改善方法。
・苦手な人への対処法。
などなどです。

もちろん、この本は
著者のみっちゃん先生の実体験(生き様)を
まとめたものなので、全ての人に100%必ず効果がある!
というものでも無いとは思います。

しかし、(私だけかもしれませんが)
実際やっていけば効果がありそうなものばかりだと思いました。

しかも、

小学生が読んでも書いてある事が理解しやすい。

ここが一番のポイントです。

実際にやる場合なら今悩んでる中学生でも
結構、悩み解決の助けになる本じゃないかと思います。

ただ、わかり易い。理解しやすい。
とは書きましたが、本文が学生の頃の話から進めたせいか
文章内の口調がちょっと幼い印象があります。

しかし、この本の内容には

人が生まれてきた理由や
親や自分を取り巻く環境についても
多少書かれてあるのですが

私自身が書くとしたら、ここまで簡単にわかりやすく
書く事は出来ないと感じました。

例えば人がこの世に生まれてくる理由はいろいろあると思うのですが
ひとつのパターンとして、人として肉体をもって、
日常の生活を通して体験を味わってみる。つまり、

実際に行動してみて、どう感じるのか体験してみたい。

という理由でこの地球に生まれてきた。
というものがあると思うのですが
これは例え話ですが、この様な話を
小学生でもわかり易くこの本には書かれています。

家庭で子供から「なぜ人はこの世に生まれてくるの?」と聞かれた時
小さい子供に、わかり易く説明できる大人は
そんなにいないと思うのですが、この本だととてもわかり易いのです。

そして、このことだけでなく、
上にあげた改善の方法もわかり易く書かれています。

(しかも、実際やる事は単純で本人のやる気さえあれば
 多くの人に効果が出てくるのでは?と私は思っています)

さて、最後になりましたが、
この本は、斎藤一人さんを師として
学生の頃から生徒となって勉強してきた
みっちゃん先生の生き様がつづられた本です。

私はみっちゃん先生にお会いしたことはありませんが
文章を見るだけでもとても素直な人だと感じました。

この素直さを大人になっても
持ち続ける事はとても大変なことなのですが
文章のどこをみても、素直さを感じるので
かなり素直な方だと思いました。

この本は「素直さ」とはどんなものなのか?
という視点から読むのもおすすめしたいところです。

さて、まだまだいろいろ書きたいのですが
ここに書いていくより、一度読んでもらった方が
いろいろと面白いと思います。

ただ、上にも書いたとおり、とてもわかり易い反面
読む人によっては、ちょっと幼い印象を受けるかもしれません。
だからこれは、本屋とかで一度実際手にとって
少し読んで見ることをおすすめします。




著者 みっちゃん先生
初版 2013.5.27