ここには、今、自分が読んで来た本の中で、
いつでも手にとれる状態の本をリストアップしていこうと思います。
(今回の内容は、2012年7月4日時点の話です)


著者:船井幸雄 (仕事関係と自己啓発関係)

『マーケティングの法則』、『実践 本物の経営』、
『国家の経営、企業の経営』、『撤退せよ、エセコンサルタント』
『組織体運営はトップ1人のリーダーシップで決まる』
『すでに世界は恐慌に突入した』、『資本主義崩壊最終ラウンド』
『2012年の変化はすでに起きている』
『かならずこうなる、だからこう対処しよう』、『世の中、大激変』

『船井幸雄の人材塾』、『船井幸雄の成功塾』、『この一粒の知恵の種』
『この世の役割は人間塾』、『船井幸雄の人間学』、『躾』
『人間の研究』、『すべての答えは自分にあった』、『プラス発想の視点』
『ツキを呼び込む自己改造法』、『夢、実現!』、『自然の摂理に従おう』
『直観力の研究』、『有意の人』、『人を活かす人間学』
『クセづけする』、『いますぐ人生をひらこう』、『包み込みの発想』


著者:本田健 (お金関係)

『ライフワークで豊かに生きる』、
『大好きなことをしてお金持ちになる』
『お金の教え、豊かさの知恵』、『お金のIQ、お金のEQ』
『しあわせな小金もちへの8つのステップ』
『普通の人がこうして億万長者になった』
『スイス人銀行家の教え』、『ユダヤ人大富豪の教え』



これらを見ても分かるかもしれませんが、

私は、仕事の出来ない人間でした。

なので、人そのものをまず勉強して、
次に、仕事をしていたら絶対に関わる事になるお金の勉強をし、
それと平行して、世の中の動きと、会社の運営を調べて、
実際にどういう動きをしているのかを、勉強していきました。


ビジネス書としては、他にも松下幸之助さんが大好きですし、
今、気になってる人は、安田桂生さんで
書かれた本をちょこちょこ読んでいます。


お金に関しては、本田健さんの本が、私にとっては分かり易く、
実践的にも入りやすく説明されてるので、助かっています。


これらの本を読まれてた人で、
読んだけど、分からない所があれば、
(自分なりの解釈で良ければですが、)
質問をしてもらえれば、解説出来るかもしれません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク