今年の3月末に、東京に行ってきたのですが、
マスクをしている人が、とても多い事に気がつきました。
東京の空気が悪い?のも関係しているのかもしれませんが
それとは別に、花粉症の人が結構いる事を思い出しました。

そういえば花粉症って、アレルギーの一種ですよね。

という事は、体質改善をしないでいると
一生、花粉症に悩まされる事になるかもしれません。

また、仕事上でも、マスクを常時している人と
する必要が無い人とでは、印象も違うし、
仕事の作業効率も全然違ってくると思います。

ここで、その花粉症の治し方の話に入っていくのですが、
みなさんは、何が原因だと思いますか?

私自身は、花粉症ではないのですが、
子供の頃アトピーがあったので、
花粉症とは種類が違えど、アレルギー体質でした。

そこで、いろいろ調べたのですが、一説には、
身体の腸が関係している。という話を本で読みました。

簡単に説明すると、
腸内環境が良くない状態が続くと、
腸壁が(小さいながらも)一部裂けてしまうことがあり、
その裂けたところから、食べたものの内容物の細かい粒子が
内蔵に入ってしまい、そこで炎症というか、
ある種の反応を起こしてアレルギーとして表に出てくる。
という話です。

これと似たような話(病気)が実際にありまして、
憩室(けいしつ)といって、腸内に小部屋が出来てしまい、
そこに食べた物がたまっていくことがあるのですが、
腸内環境が悪い状態でいると、その憩室内で食べ物が異常発酵して
病気になる。という話があります。

ひどい場合は死に至ると聞いたことがありますが、
それの軽いバージョンが今回の話となります。

そこで、腸内環境を整えていくことで、
腸内の小さな裂け目が修復されて、(一説によると)
アレルギー体質が改善される。というわけです。

では、腸内環境を整えるには?という話になりますが
普通の人は、ヨーグルトを取ればいいのでは?
と頭に浮かべる人もいると思います、
でもこれは良い選択では無い様です。

というのも、
新谷弘実さんが書かれた「病気にならない生き方」という本の中で
ヨーグルトを食べると、腸内環境が良くなることは無く
逆に悪くなると、本の文中にしっかりと書かれてました。

これは、日本人だけでなく外国の人(研究対象はアメリカ人でした)
でも同様だ。という話を書かれていたので、人種も関係ないようです。

ただ、環境が違ってくると、そうでもないらしいのですが、少なくとも
日本人の体にはヨーグルトは(その本によると)あっていないようです。

じゃあ、他に何があるのか?という話なのですが
私個人は「断食」をおすすめしたいところです。

しかし、本断食(水だけ)は、結構きついことが多いので
このサイトで度々話に出ている「ブリージングストレッチ」での
16時間断食をおすすめしたいと思います。

やり方を簡単に書くと、夜は8時ぐらいまでに食事を終えたら
次の朝はご飯やパンなどの固形物を一切取らないで
昼の12時まで、水などですまして、何も食べない。
というものです。

細かい話は、
ブリージングストレッチの公式サイトへ行ってもらって
メルマガのバックナンバー等読んでみてください。

これをやると、好転反応は出てくる事はありますが
断食の中では、あまり危険のない部類のものなので
個人的に特におすすめだと思っています。


この記事の内容が良いと思われましたら、
下のランキングボタンを押してもらえるとうれしいです。



スポンサーリンク


スポンサーリンク