世の中、運を良くしたい人は、たくさんいますが、
逆に運を悪くしたいと思ってる人は皆無だと、私は思ってます。

しかしまわりを見てみると、口では幸運になりたいと言いながら、
実際は運が悪くなるようなことばかりやってる人が少なくありません。

その一つとして、他人の悪口、陰口を言う事があります。

これは、普通に運が悪くなる行動です。

また、弱い立場の人をいじめる事も、しっかり運が悪くなります。

でもこれらは、日常的にまわりで行われてる事だったりします。


さて、ここからは、
なぜこういう行動を取る人がいるのか?を書いていきます。
(耳が痛い人がいるかもしれませんが、しっかり読んで自覚してください)

他人の悪口を言う人、いじめをする人は、

簡単に言うと『 自分に自信が無い人 』です。

また『 自分は弱いと思ってる人 』です。(意識してなくても)

逆に言えば、自分に自信がある人や、強い人は、
弱い者いじめをしようとも思わないし、
陰口を言うことなんて、時間の無駄だと思っています。

そしてここからは、運がいい人の事を書いてみます。

あの人は、運がいいな~と言われている人を見てみると、

他人の悪口や陰口を、楽しそうに話してる場面が一切ありません。
もちろん、そういう話題の輪に入ろうともしません。

弱い者いじめなんて、想像もできないくらい
人に親切でやさしいところばかり見ることができます。

自分の経験から言っても実際に、運が悪い人に、
この運がいい人の、やさしい雰囲気を持っている人はいませんでした。


さて、みなさんはどうでしょうか。

口では運が良くなりたいと言いながら、
運が悪くなるような事を、日常的にやっていませんか?

運が良くなりたいなら、運が悪くなるような事は止めて、
運がいい人の真似をすれば、運が良くなっていきます。


最後に、今回は簡単に書きましたが、
現実には、人間関係や環境、
年齢や性別が複雑にからまって
上記の様に、簡単、明快ではありません。

人にあわせないと、会社ではやっていけない場面もあるし、
近所との付き合いで、愚痴や不平不満の話に付き合わないと
仲間はずれにされる事も多々あります。

これは自分もわかっているのですが、
今回はあえて、実際にやるのは難しいと思いながらも
日常の問題点を書いてみました。