今回は、対人関係について、
ちょっとしたことで、関係を良くする考え方について書いてみます。

もちろん、対人関係を良好にする事は、
運が良くなることにもつながります。

さて、みなさんは、
ジョセフ・マーフィーという人をご存知でしょうか。

この方は、黄金律 とか、 眠りながら成功する 
という本を書いてこられた、(願望実現系の本の中では)
かなり有名な人です。

私が持ってる本のタイトルを上げると、
・あなたは、何をやってもうまくいく!
・自分に奇跡を起こす心の法則
・人生は思うように変えられる
・あなたもお金持ちになれる
・努力嫌いの成功法
・マーフィーの「超」能力
などなどです。

まあ、タイトルを見ただけでも、当時、
いかにラクして生きて行きたかったのかがよくわかります。
(それほど当時は苦しい生活をしてたんだと思いますが)

さて、この本の中では、
どうやったらお金持ちになれるか、どうやったら運が良くなるか
どうやったら健康な体を取り戻せるか、などなど、

いろいろ問題を抱えてる人にとっては、
とても気になる情報がたくさん書いてあります。

今回はその中の一つ、人間関係についてちょっと書いていくのですが・・・
(本題に入ります)

人、というのは、結局、どんな人でも、超能力みたいなものをもっていて
相手の思っている事が、即、分かることがあります。

例えば、
相手が自分を嫌がってるな。とか、避けてるな。なんて事は
普段、日常的に、友人間や親子間などである事です。

よく知ってる人ほど、毎日会う人ほど、
相手の変化が、手に取るようにわかってくると思います。

実は、ここがとても重要で、
つまりは、自分の思ってる事が、(相手に不利な感情や思いは特に)

全部、相手に伝わってしまう。という事です。

(以心伝心。という言葉がありますが、これは普通にある事です)

だから、男で浮気なんてした場合などは、
妻や恋人に、ほとんどバレてしまう。という話になります。

後ろめたい。という感情や思いは、
全部、異性に伝わると考えた方がいいでしょう。

話をもどしまして日常では、特に会社では、
嫌な人と会わないといけない状態が結構あります。

そうです。

もちろん相手のことを嫌だ。とか、
嫌いだ。という気持ちは全部伝わります。

相手自身も気づかないフリをしますが、全部うすうす気がつています。

その場合、あなたの地位が低い時や、部下だった場合は、
相手の性格次第で、いじめを受けるでしょう。

例えば
取引をやめるとか、細かいミスを徹底的に問い詰められるとか、
人が沢山いる前で、叱り飛ばされるとか。
まあ、意地悪な上司というのは、どこでも一緒です。

そして、そういう扱いを受けると
更に嫌いになってしまう。という悪循環にもなってしまいます。

ただこういう場合、自分だけじゃなく、
周りの人も同じ目に合ってる場合があるので、
周りの人と同じ意見で、嫌な奴。と一緒になって話す事もあるでしょう。

ただし、人間関係を良くしたいなら、
まわりの人と一緒になって、その人を嫌いになるのは
あまり得策ではありません。

そういう嫌われる人。というのは、どの会社に行っても
どのグループや地域に行っても、数は多くはいませんが、
確実に何人か居ます。しかも、重要なポストに居座ってる事があります。

そういう場合は、一向に自分の環境がよくなる事がありません。

では、どこにいっても、そういう人が居るなら、どうしたらいいのか?
という話になりますが、ここでちょっとした考え方を取り入れるのです。

(本当に、おまじない程度の考え方です)

嫌な人や、嫌いな人が、自分の目に入った時に、

「(あなたが)幸せになりますように。」

と思うのです。

「(あなたが)豊かでお金持ちになりますように。」

と思ってもいいです。

兎に角、嫌いな人→(   )の中の人を
心から祝福する様に、習慣にしてみてください。

目があったら、いつも

「しあわせになりますように。」

と、声を出さなくても思うだけでいのです。

上にも書きましたが、あなたの思った事は、相手に伝わります。

それが例え、最初は形だけかもしれませんが、
習慣にして、感情を込めていくと、
確実にあなたの思った事が相手に伝わていきます。

そして、結果的にどうなるのか? というと、

その嫌な人、嫌いな人が、自分に優しくなってきます。

態度に変化が出てきます。これは本当にびっくりすると思います。

そもそも、人間心理から見てみれば分かるのですが、
相手が自分の事を良く思ってるのに、
その相手を嫌いになる事は出来ません。

どんな人でも、相手が好いてくれれば
自分も好きになってしまうものなんです。

さて、ここでの重要なポイントは、
最初は形だけでいいので、嫌いな人に上の事を会うたびに繰り返す。
そして、ある程度習慣になったら、少しでいいから感情を込めて
こころからしあわせを願ってみる。それを続けていく。です。

やってることは、単純ですが、
人によってはかなり効果があると思います。
ただ、やってみないことには、効果がわからないと思うので
みなさんも、機会があれば挑戦してみてください。


この記事の内容が良いと思われましたら、
下のランキングボタンを押してもらえるとうれしいです。



スポンサーリンク


スポンサーリンク