そもそも運命が決まっているかどうか?の前に、
運命って、ひとそれぞれにあるのかどうか?
が、自分は疑問に思いました。

私が最近、この話題を参考にしているのが
船井幸雄さんと森田健さんです。

ただし、参考にしているといっても
お二人の意見には矛盾があります。

船井さんは、生まれる前から、
自分はある程度、どう生きていくかを決めて生まれてきた。
と、発言し、
森田さんは、生まれる時やそれ以前にも、
自分で運命をどうするかとか、決めてきた様子は無い。
というより、前世の記憶がある人のレポートでは
そういう話は一切ありませんでした。

ひとりは、運命を決めてきた。ひとりは、それらしい様子はない。

と、本に書いてあるので、どっちを信じれば?
という感じになるのですが、お二人共に

『運命は90%ぐらいは決まっている』

と、本に書いてあるります。
(自分で決めれるかどうかは、
 まだ、自分の中ではよくわかりません)

ただ、運命が9割は決まってるというのは、
占いとか予知が当たる現実を見る限り、
人生の道筋は、ある程度は決まってるのは確かなようです。

自分も西洋占星術をやって、人をみていると、
ある程度その人の人生が分かります。

もちろん、9割どころか、ホトンド占い通りに人生を生きてる人もいれば
まったく違った人生(と言っても本筋というより脇道をメインに)を
生きてる人もいて、人生いろいろだな~と思う事があります。

しかし、一番の問題は、自分の人生が決まってる。
運命が決まってるにしても、それが本人には分からない。事です。

ただ、それを見る専門家なら、かなり詳しくわかるようです。
いまの世の中では、ネットで調べれば、
この種の専門家がわかる様になってきました。


結論としては、運命は存在し、運命は決まっている。
ただし、10%ぐらいは
自分の行い次第で良くも悪くも変えられる。です。

スポンサーリンク



スポンサーリンク