今日、新聞をちら見してたら、
新聞の一面に、この事件が載っていました。

タイトルにあるとおり、脱原発に関する提案が、
すべて × になっていました。

脱原発や廃炉提案は、
東北、中部、関西、中国、四国、九州の6社

東電では、国有化を受け入れる話になりましたが、
・顧客サービス第一に
・電気料金の算出過程を開示
・経営の透明性向上
が、全て × でした。

これは、会社なら当たり前で、
世間一般の会社では当然事項なのに
株主が駄目だしをしたから、決まりませんでした。

この脱原発提案は、知事や市長が出したものもあるのですが
株主が、すべて × にしました。

さて、これを見れば分かるとおり、
この日本では、一部の金持ちが、一般市民の命を握っています。
この人達にとっては、

      <弱い立場の人が>

  <どうなろうと知ったことではない>

が、基本スタンスになっています。

もちろん、直下型地震で原発が壊れて、
付近の住人が何万人も被爆しようが、
この株主には、刑事責任はありません。

電力会社の社長は、株主の意向に逆らうことはできません。

ということは、この株主の利益の為だけに、
子供たちが、何人、何百人、何万人と被爆してしまっても、
仕方が無いという話になります。

       ・・・

去年の福島原発事故を振り返ってみると、
当事者の誰一人、責任を取った人はいませんでした。
社長とか、幹部とか数人は辞任したかもしれませんが、

一般的な会社では、
会社が倒産するような損失を出した場合、
社長は、全財産を失います。
もちろん、株は、ただの紙切れになります。

一般的な話を照らし合わせても、
誰一人、責任を取ってる人はいませんでした。
もちろん、東電だけではなく、民主党からも
誰一人、責任を取った人はいません。

一般的な会社なら、社長は一文無し、
幹部以上は、裁判ざたの出来事です。
これが何一つありませんでした。

     ・・・

話をもどしまして、
上の記事を新聞で見て、
腹が立ったり、頭に来る人がいたかもしれませんが、
すごく簡単に、これらの不公平を解消する手段があります。

それは、選挙です。

まず、自民と公明で、今ある原発の土台を作りました。
この土台が無ければ、原発の事故は起こりようが無かったので、
もちろん、責任は取ってもらうとして、
原発の事故以降は、民主主導で対応してきました。

もう忘れられてしまってるかもしれませんが
事故当時は、誤報ばかりで、
正確で必要な情報が、まったくテレビや新聞に載りませんでした。
これは、政治が意図的に規制したか、
本当に、民主が無能だったかのどちらかです。
(私はどちらもだと思ってますが)

さらに民主は、このどさくさにまぎれて、増税もしています。

増税もした上で、今は、消費税を上げようとがんばっています。

私は、他人の金ばかり当てにして、自分では何もせず、
自分の無能さをイカに取り繕うかに
翻弄している人達、団体は、もう要らないと思っています。


さて、なぜ、こうも今までの政治を
批判しているように書いているのか?というと、

今の政治のやり方では、
将来、若い人にとても負担を掛けることになるからです。

自分の不始末は、自分で片付けないと(責任をとらないと)いけません。

他人に自分のツケをまわすのは、大人として間違っている。
というより、人としてどうか?と思います。

選挙に行って、政治家の人に責任を取らせる。

これは、別の方法で政治を変えていくより
選挙での投票の方がとても、とても簡単なのです。

    しかも、すぐに効果が出ます。

ここまで読まれた方は、ぜひ、今度の選挙では、政治家に
今までの責任を取らせる事を考えて投票してみてください。

スポンサーリンク



スポンサーリンク