今日は、何年かぶり(もしかしたら5年か10年ぶり)に
子供の頃からお世話になっていた「理髪店」に行って
ある事に気がついたので、書いてみようと思います。

そのある事というのが、
人の顔って、年を重ねても
変わらない人は変わらないもんだな。
という事です。


昨日は、この頃暑くなってきたので
髪をさっぱりしてこようと、
何年かぶりに通ってた理髪店に
行ったのですが、

久しぶりに会ったのに、
以前と変わらない、笑顔の女性がそこにいました。

多分、うちの親と同じぐらいのお年だと思うのですが、
その笑顔が、自分が小学生の頃から変わらないのです。

化粧もされてたのですが、
女性って、いくら化粧していようが、

「その人柄の良さってのは隠せない」

というのがよくわかりました。

他の人が見たら、
もちろん年相応の顔だと思われるかもしれませんが、
目のシワや頬にあるシワを見ても、
暖かさというか、優しさからくる、
柔らかい印象を与えるものばかり。

年をいくら重ねようが、
心構え次第で、いつまでも
いい笑顔のままで年を取れますよ。

という見本のような、笑顔の方でした。

そして、男性の方が奥から出てきてこられて、
こちらの男の人が髪を切ってくれました。

ただ、髪を切ってるあいだは、
目をつむって、仕事の事をいろいろ考えてたので
私はまったく顔をじっくり見ることはしませんでした。

そして、髪を切った後、改めてその男性の顔を見たら。

髪は白髪でしたが、昔のまま、キリッとした
かっこいい笑顔の男性でした。

どちらとも、幸運で幸せそうな笑顔です。
夫婦ともに、幸せな毎日を
今まで過ごしてきたのがわかります。

むかし、年をとるほどに、
自分の顔には責任を持たねばいけない。

と、誰かから聞いたのですが、いずれ、自分も年を重ね、
おじいさん、おばあさんと呼ばれる日が来ます。

それを考えたら、
笑顔で人柄の良い人相のまま
年を重ねている人から、よく話を聞いて
勉強させてもらっていかないと、

いつか自分が年をとった時、
ブサイクか貧相で不幸そうな顔で
じじぃとかばばぁとか言われながら
一生を終えることもあるかもしれません。

これからはちょっと高齢の方にも
色々勉強させてもらう心構えで行こうと思います。


この記事の内容が良いと思われましたら、
下のランキングボタンを押してもらえるとうれしいです。



スポンサーリンク


スポンサーリンク