本を読んでの感想

本を読んでの感想

上機嫌になるための考え方&一つの方法。(「一瞬で心を切り替える技術」を呼んでの感想)

今日は、タイトルにある上機嫌になる為の話を書いていくのですが タイトルの本の話の前に、いくつか別の本の話も書いていきます。 さて、わたしは図書館で本を借りる事が多いのですが ちょっと前に読んだ本では、Koro先生の事が書かれている本 「...
本を読んでの感想

知っておきたい、自覚しておきたい自分の身体(腸)のこと。(「大腸をきれいにすれば、病気にならない」を読んでの感想)

今日は、大腸が、どんな働きをしているのか、 腸が不調になると、どんな病気になる可能性があるか、 また、大腸からくる病気の治し方について いろいろ詳しく書かれてある本を読んだので、 その感想を書こうと思います。 さて、私自身、この本を読んで...
斎藤一人さん関係

自分の機嫌は自分でとり、いつも上機嫌でいられるのが人生を楽しく生きるこつかも?(「器」を読んでの感想)

今回読んだ本は、(感想を書いていく本は) 斎藤一人さんと柴村恵美子さんの合作本でした。 さて、この本は大きく分けて3つにわけて書かれています。 一つ目は、斎藤一人さんのお話をまとめた章。 二つ目は、柴村恵美子さんの生き様をまとめた章。 ...
本を読んでの感想

自分の中にある常識を壊す本。

今日は、 ここを読まれてる人全ての人におすすめ というよりも 興味がある人は読んでみるのもいいかもしれない。 という種類の本の話を書きます。 その本のタイトルは、 「聖書の暗号」の大事なポイント すばらしい「ミロクの世」は...
本を読んでの感想

自ら発する言葉の重要性。(「中村天風の行動学」を読んでの感想2)

言葉については、 「日頃の言葉遣いを変えれば  運が良くもなれば悪くもなる」 という話を過去書いてきました。更に、 「言霊」についても、言葉自体に力がある。 という話を書いてきました。 そして、この本を読んでみると、 天風さんの中...
本を読んでの感想

人一人で出来る事って限界があるんですよね。という話(「中村天風の行動学」を読んでの感想)

最近また中村天風さんについて 書かれている本を読み返しているのですが あらためて読んでみると「斎藤一人さんのお話」 そのままの内容が本に書かれてある事に (個人的に)ときどきびっくりしたりしてます。 もちろんこの本にも、これは斎藤さんが...
本を読んでの感想

自分自身の「価値」について考える。(「ばら色の人生の扉がひらく7つの魔法」を読んでの感想3)

さて、前回は、 「自分と他人を比べることの意味のなさ」 を書いたのですが、あの内容そのままが この本に書かれてるワケではありません。 本にはまったく別の「お話」として書かれてあるので 本の内容を読んでも、前回書いたことは どこにも載ってい...